春の定期便

毎年、この時期に届く春の定期便。
立派な立派なたけのこ。
堀り立ての新鮮なまま到着です!




ありがたいですね、今年も美味しいタケノコが
お腹いっぱいいただけます。
数日前に地元のスーパーで見かけたタケノコとは色つやがちがいます!
あちらが熟女なら
こちらはぴちぴちギャル(笑)
たとえが古いねえ。



タケノコ山の事は門外漢なので知らないことばかりでしたが
ご両親が高齢になり手入れが行き届かず荒れかけていた竹林に
せっせと通いつめては
倒れた竹や古い竹は処分し
混んでる竹は間引いたり
モチロン、肥料なども散布したようです。
こんな立派なタケノコが採れるのは
コマメちゃんご夫妻の手入れのたまものなのは確かです。

いつもよりずいぶん早く最盛期を迎え
田植えの準備の時期と重なってしまったとか。

そんな忙しい中、送って貰ったタケノコです。
ありがたいですね〜、粗末にはできません!

いつもながら、あく抜きに使う糠もちゃんと添えられています。
やさしい心遣いが伝わります。




水から煮立てて2時間、火を止めて
冷めるまでそのままで・・・



少しだけご近所さんにお裾分けして
残りは瓶詰めに加工しました。
いつもは美味しいうちに〜と半分以上、お裾分けしているのに
一つ年をとって欲が出てきた?



できあがりました。
逆さにして冷めたら完了〜♪
でも・・・しまった、今食べる用のを除けるの忘れてました!
似合わせない欲を出したらこんなものですねぇ。



お友達のやすこちゃんが名前のシールをこさえてくれました。
良い感じになりましたね!





  

 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 20:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

お世話になりました

 2012年もあと数時間で終わります。
みなさんはどんな一年でしたか?
良い年でしたか?
それとも・・・?
私のこの一年は・・・う〜ん、お、思い出せない
え〜と。
え〜〜と。
え〜〜〜と。
去る者は日々に疎しと言いますが
去年はついに出来なかった一年の総括ですので
なんとかぽつぽつ思い出してみることにします。

1月は・・・なんと言ってもくーちゃんの腸からの出血での
緊急入院に尽きます。
驚き、悲しみ、願い、年明け早々のあの時の事は忘れられません。
めめを失い、後悔で自分を責める毎日から
救い出してくれた天の配剤としか思えないような
インコの神様の声が聞こえたような気がした出来事でした。
姫ぃちゃんがすっかりしょんぼりして
見てるのが可哀想なほど。。。くーちゃんが戻ってきた時の喜び方と言ったら!
人間以上に愛情深い生き物だと再認識しました。
当のくーちゃんはと言えば
お父ちゃんの膝の上で、まったり。
やっぱり家はあずましいわ〜(落ち着く〜の意味の北海道弁)




2月はお父ちゃんがついに64才になりました。
年金を満度に受け取ることが出来るのです、ほっ。
今までなら60才から支給された年金を
段階的に65才からにする案の
ぎりぎり最後の64才支給開始となる昭和23年生まれです。
身体をこわして、無念の早期退職したお父ちゃんは
2年間、微々たる退職金を取り崩して
なんとか私を養ってくれました
これからは今までより少し大きい口でご飯が戴けるというもの(笑)

妻はハッピバースデイ・ツゥユーより
年金で喜んでます、スミマセン。


3月は・・・昨年、急に視力が落ちて中近両用メガネの替え時?
と受診した地元の眼科で白内障と診断され、9月の手術を勧められました。
その折り、緑内障の心配は無いと診断をうけてましたが
どうしても腑に落ちないような
何とも気が進まないような、厭〜な予感がしたのが確かで
一日延ばしにしていた矢先、新聞で見た良さげなクリニックで
セカンド・オピニオンを受けてみると
案の定、緑内障と告げられました
白内障は手術で回復するけれど、緑内障は進行を止めるのが一番の治療法で
途中失明の一番の原因という恐い病気なのです。
兄と姉とが緑内障で、強い遺伝性の認められる疾患との知識は有ったせいか
緑内障と〜と告げられても
静かな気持で受け止められる自分がいました。
どのくらい前からの発症だったのか、じわじわと進行して
すでに左目は右下の部分の視野の欠損が進んでいました。
車を運転すると、横断歩道を右から渡る人の姿が見えていない恐れがあるそうです。
方向指示の看板も道路標識もはっきり見えづらくなっています。
40年以上もハンドルを握っていた車の運転も一休み。
羽をもがれたアブか蛾みたいなものです(笑)
幸い、処方された薬が効いて進行は止まったようです。
現在は三ヶ月に一度の通院と検査になりました。
自分の第六感とセカンドオピニオンは大事ですね。


4月は眠れない夜が続き、薬局から眠剤を買ってましたが
市販の薬よりはちゃんと病院で合う薬を貰おうと
内科へ〜、睡眠導入剤を貰いました。
一週間ほど続けて飲むと、体内時計が復活したのか
眠れるようになりました、ほっ。
そうそう、札幌に住む、高校の級友たち
れいちゃん、せっちゃん、みちこちゃんが尋ねてきてくれたのも4月でした。
みちこちゃんはご主人を亡くしたばかり。
れいちゃんはご主人の心筋梗塞での入院と娘さんの結婚を控え。
せっちゃんは・・・まだまだ現役ばりばりの出版社に勤めるキャリアウーマン。
三者三様ですが、みな一生懸命、自分の人生を駈けてきた友人達です。
夕暮れまでおしゃべりに花が咲き
またの機会を約束してサヨナラしました。
ありがとう、友よ永遠に幸あれ。


5月
数年前から続けていた四国八十八カ所のお遍路の旅に行ってきました。
ハトコのこまめちゃんご夫婦が、私たちの宿泊予定のホテルに宿を取って
待っててくれました。
強行軍のため、今回はこまめちゃんのお家を訪問する日程の調整が
どうしてもつかず
残念に思ってましたから
こういう気遣いに頭が下がる思いでした。
巡拝の間、ずっとめめの羽で作って貰ったバックチャームキーと一緒でした。





めめがどこかで幸せでいますよう、
家族のみんなが元気でいてくれますよう
羽をなでながら祈ると不思議と心が落ち着きました。

88カ所の巡拝も残すところ
7番札所から1番札所までの7寺と、弘法大師が入定されたという高野山となりました。
やっと、先が見えてきました。
足腰と相談しながらの長かった旅もあと少しになり
淋しい気持の方が強いかも。。。。

66番札所の雲辺寺の参道で山菜のシドケ(モミジガサ)発見〜!
香川にも生えてることにびっくり。



お願い茄子に腰掛けて・・・たくさんのお願いをしました。
茄子さんも重たかったことでしょう。



6月は長姉の入院、手術に説明、同意、またもまたもと
計六回、M市へ行ったり来たり。
数年前から出血などが有り、検査を勧められていたというのに
出来れば手術はしたくないと・・・姉。
姉の大腸ポリープはすでに6センチもの大きさになっており
形状も広基性(根本が広く茎が短い)の大きな扁平のものなので
粘膜下層剥離手術と最近、試されるようになった新しい手術法での切除となりました。
主治医の先生のお話では大腸の粘膜を薄く剥がす手術で
かなり難しい手術とのこと、手術は無事終わりましたが
予後の回復が遅れ
三週間の入院と成りました。
やはり、早期発見、定期検診は重要ですね。


7月
中学生の時、大ファンだった舟木一夫さんのコンサートに行って来ました。
生協の宅配カタログでチケットを申し込んだところ
なんと、座席は舞台から2列目のかぶりつき!
JRで札幌まで出ようと駅に向かうと
人身事故で列車が運休、若い娘さんが飛び込み自殺をしたそうです。
何も自ら命を絶つことは無いよ、と心でつぶやいてました。
生きたくても命を区切られた若い人がいっぱいいるんだよね、
生きてさえいれば・・・苦しいことばかりじゃないし
笑える日だって来るはずなのに。
やっと運転開始された電車で札幌駅に着き、
すぐにタクシーで会場へ!
滑り込み、セ〜フ。
なんと、開演2分前でした!
お隣の席の方がイスを倒して座らせてくれ
この時間に見えないので来られないのかと思いましたよ
と声をかけてくれました。
歌手生活50周年記念のコンサート、若々しくて
あの頃の・・・万感の思いがこみあげました、良かった。






ついにお父ちゃんがハイエースを手放しました。



私もカローラを手放しました。
長い間、私の手となり足となり、通勤に買い物に、山菜採りにと
活躍してくれました。



そしてお迎えに来た車やさんが新しいラクティス
を奥に置き
私のカローラちゃんを連れて行きました(涙)





8月・・・お墓参りに実家のせたな町に行って来ました。
青森の姉夫婦と実家の兄と一緒に戻り
翌日、帯広の紫竹ガーデンに出かけました。
何年ぶりかで訪れた紫竹ガーデンはすっかり様変わりしていました。
紫竹照葉おばあちゃまとも会えませんでした。
さびしいですね。




忘れてならないのは8月25日(土)の深夜に起きた震度3〜4の地震で
オカメインコのくーちゃんがオカメパニックを起こしたこと。
あわててケージに駆け寄り、声をかけましたが
バタバタバタバタ騒ぎが収まりません。
手に乗せると血が!!
電気を点けてみると、左の風切り羽が全部抜けてしまっています。
横のケージのセキセイの姫ぃちゃんは何事が起きたのかと
きょとんとしながらも
自分も出して貰えると嬉しそうにケージの出入り口にスタンバイしてます、姫ぃちゃんは逞しいです。
過呼吸を起こしているくーちゃんを胸に抱っこして
しばらく声がけをしていたら、なんとか心臓の鼓動も収まり
出血も止ったので
部屋を暗くせず、蛍光灯をつけたまま寝かせました。
翌日、やはりショックのためか餌も食べず、じーっと身じろぎしません。
日曜診察をしていて小鳥も診てくれると聞いていたマルコ動物病院へ
骨の折れた様子も無く、多分、ショックのせいでしょうと
一応、栄養剤と抗菌剤などを処方して貰いましたが
翌日も元気が無いまま・・・体重は10gも一気に減ってしまいました。





今度はかかりつけの小鳥のクリニックへ。
うちの子たちの主治医の先生はお休みの日ですが
院長先生が診察し、強制給餌をしてくれました。
普通の換羽の時でも、早く羽を生やそうと肝臓がフル活動し
肝疾患を起こす鳥さんが多いそうで
肝臓の薬などを貰って帰宅しました。
餌をちゃんと食べるようになったのは10日後、なんと、羽は2週間後には
生え始め、3週間後にはちゃんと生え揃いました〜、左右対称にならないかも?
と言われましたが、キレイにはえてくれました、良かった。





9月・・・残暑が続き、紅葉もキノコも・・・そうそう、キノコの会の研修旅行で
糠平温泉へ行って来ました。
生まれて初めて乗るような年季の入った送迎バスにびっくり!!
大きな孔はガムテープを貼り、青いペンキでカムフラージュされていました、スゴイ!!
生まれて初めて車酔いを経験しました(涙)
キノコは余りとれませんでしたが
一生の思い出に残るようなバスの旅でした。





バスの窓から眼下に見える景色はすばらしいものでした。
いつ、分解、爆発するか(笑)とドキドキ、ハラハラの
ドライブがすごかったです




10月・・・北海道日本ハムファイターズがパリーグ優勝!
おめでとう!
優勝セレモニーに行ってきました。
スタンドは超満員でした。



選手が優勝旗を持ってグランドを一周。



優勝旗やトロfィなども間近で眺められましたよ。








11月・・・北海道日本ハムファイターズのファン感謝デーに行ってきました。



選手のサイン会に当選〜で、根本投手です。







兄姉と東北旅行に行きました。
事の始りは長姉の全快祝いを温泉ででも〜でしたが
近づくにつれて趣旨が少し変りましたが
まぁ、五人姉兄が欠けることなく旅が出来るなんて
やっぱりめでたいことには違い有りませんね。
つれあいを亡くしたのは長姉だけですが、東京の次姉のご主人と
体調のすぐれない私の夫も欠席。
78才の長姉を頭に総勢7名での珍道中。
誰がいつどうなるかも判らないしね、兄姉での旅は
今回が最初で最後になるかも知れないね・・・




紅葉の真っ盛りなはずでしたが
長く続いた残暑の影響で紅葉は三〜四分ってとこ?
旅の後半は兄の希望で花巻から気仙沼〜陸前高田の被災地を回りました。
修復された国道の両脇にコンクリートの土台だけが累々と残り
廃墟の建物や陸に打ち上げられたままの船など
言葉を失う光景がまだそのまま残っていました。
失われたたくさんの命のことを忘れてはいけないと
目に焼き付けて来ました。










12月・・・終の棲家と定めたこの地に来て
丸2年が過ぎ、まもなく三度目のお正月を迎えます。
この2年間、何を考え、何をしてきたのかな。
頑張って生き、
誰かの幸せを願い、
衣食足りたら人のため〜のモットーがちょっとでも
叶ったかな。
今年一年、関わって下さった皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました。
オカメインコのくーちゃんからも平身低頭、お礼申しております。




また来年、会いましょう


 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 19:16 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

タケノコと日ハム

 4月も中旬になりました。
半月ほど遅れていた雪解けもほぼ完了。
毎日、せっせとスコップやツルハシで雪割り〈氷割り〉してた甲斐があった?
回りを見回すと構わずに成り行きに任せていたお宅のまわりも
それなりに雪が消えてます(涙)

今日は娘達と札幌ドームへプロ野球観戦です。
日ハム対楽天
昨日はマー君と祐ちゃんの対決だったそう。
今日は誰? え〜と、予告ピッチャーはと・・・
お、吉川かぁ。
誰でもいいけど、せっかく応援に行く以上、勝ち試合だといいなぁ。
って、底の浅いファン心理ですねぇ

ところで題名のタケノコですけど
頂いたんです、徳島の立派なタケノコをね。
夕べ、ハトコのこまめちゃんから
>タケノコを送りました、大鍋を用意して待っててね!〜とメール貰ってました。

こまめちゃんは1年数ヶ月前にご主人の定年と共に郷里にUーターン。
ご両親が高齢になり手入れが難しくなって
少し荒れかけていた竹藪を
倒れた古竹の処分から始り
間抜や掘ったタケノコを搬出するゴンドラなども整備して
見事な美林に造りあげたのです。
働き者のご主人との重たくて手強い竹相手の奮闘記を
日々のブログで見せて貰ってました

え〜と、タケノコを茹でるには・・・2時間はかかるかな?
荷物が届いてから準備したんでは間に合わない。
札幌ドームまでは25分。
混雑を見越して30分前には着きたいね、
試合開始は2時だから・・・と、逆算すると
1時前には家を出ないとね。
よ〜し、11時前にタケノコ様の到着なら
行く前に茹で・・・(ぎりぎりセーフですネ)
それ以降の到着なら夜まで茹でるのはお預けです。
気合いを入れて朝からお湯を沸かしてお待ちしておりましたよ。


届きました!
タイムリミット15分前です(笑)
立派なタケノコがいっぱい!
堀りたてなので
発砲スチロールの底ににじみ出たつゆが貯まっています、舐めてみると
あまい!
古い人間なので何でもすぐ舐めて確かめる癖が・・・(汗)

早速、穂先と皮を斜めに削り、
一本切り目を入れ
ヌカと唐辛子を入れて煮始めました。
正式な茹でかたでは無いのかも知れませんが
こうするとカサ(量)が減り
大鍋で一度に茹でられるのです〜。

あ、しまった。
写真を撮り忘れました!
すでに鍋で茹でてます!
ぐつぐつおぐつぐつ・・・ふっ、ふっ、ふっ




一緒にヨモギが入ってました。
おいしそうですね!
白を見続けた目に新鮮な緑色が嬉しいですネ。
これは冷蔵庫へ〜、あとでゆっくり流し団子にでもしますね。


さ〜て、出発ぎりぎりまで茹でました、アクは抜けたでしょうか。
これで安心して観戦出来るというものです。


ドームの階段をぞろぞろ、ぞろぞろ人の波が続きます。
どこからこんなに人が来るんだべね?
つい、北海道弁が出てしまいます。
こういうとき、徐々にテンションが上がってくるのが
面白い心理ですネ。




そこそこの入場者みたいですね〜。




田中賢介のエラー有り
金子誠の背面キャッチ有り
陽岱鋼のチーム初のスクイズ有り
たてつづけにデットボール有り
中田のノーヒットは続き・・・(涙)
それでもケッペルの穴を埋めてマウンドに立つ吉川の投球が冴え
見応え有る良い試合です。




7回の攻撃の前には青い風船を飛ばします。
それぇ、がんばれ〜!!


9回表、楽天の攻撃。
ピッチャーは好投の吉川から押さえの守護神、武田久に。




このまま勝ち試合になると誰もが確信し
勝ち試合の時に飛ばす金色の風船を膨らまして用意万端〜
の、はずが・・・
久、打たれました!
球場に悲鳴が響き渡りました!
今か今かと飛ぶ瞬間を待っていた風船の間が悪いことと言ったら〈汗)



バッター、中田。
あぁあ、また三振かよ、周囲に諦めムードが漂ったそのとき、
中田、打ちました!
バットを振った瞬間、打球の角度からホームランって判りましたよ。
17打席ぶりのヒットが野球人生初のサヨナラホームランって
中田らしいねぇ。
いやぁ、良い試合でしたね。
金色の風船も役に立ったし(笑)



勝ち試合だけの花火も見られたし




やっぱり勝ち試合は気分がいいね〜
さぁ、帰るべし(笑)

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング
 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 22:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

春ですね

 皆さん、おげんきですか。
ご無沙汰してる間に太陽が高くなり
雪もずいぶん減りましたね。
先月までお隣の二階で隠れていたお日様が
お隣の屋根の上をゆっくり移動するようになりました。
冬の間、お日様が恋しかった鉢花も
一斉にちょびっとだけ、元気になりましたよ
最初に咲き出した君子蘭が散ってから
アマリリスの出番でした。
これは、一昨年の暮れに高校の時の親友だったせっちゃんから
引っ越し祝いにと頂いたアマリリスです。
とっても華やかできれいです!


特にこの深紅のは、深窓の令嬢?
いいえ、スカーレットオハラみたいな気高さと逞しささえ感じさせるような
堂々とした佇まいです。



アマリリスは頂いた時、一個づつ個別の鉢植えでしたが
去年の春、思い切って一つの鉢に植え込みました。
大きな球根が押すな押すなで、ぎゅうぎゅう詰め。
ごめんね・・・。
それでも、ちゃんと立派な花を見せてくれました。
ヒガンバナ科の花には全草にアルカロイド系の毒があり
インコには禁忌です。
君子蘭もアマリリスもエンゼルストランペットも・・・・。
可愛そうだけど私のパソコン部屋に隔離させてます。


これはアブチロン・ベラのピンク。
一月ほど前、蕾や花の裏側にアブラムシが!
あわてて外に運んでスプレーの殺虫剤をかけたんですが・・・
室内に置いては成分が揮発してインコに危ないかも・・・と
玄関で一晩。
ところが、その夜はー21度!
油断しましたね。。。すっかり風邪を引かせてしまったようです。
葉っぱは枯れ、蕾もみんな落ちてしまいましたが
それでも一月ほどでずいぶん復活しました。




クリーム色のアブチロン・ベラです。
セロファンみたいな薄い花びらがお気に入りです。
こちらにもアブラムシはちゃんとついて
同じような目に遭わされたけれど
やっぱり頑張って復活しました!




これは色違いのアブチロン・ベラ。
オレンジ色です。



ストレプト・カーパスの有茎種のサクソムス。
伸びた茎の先に、これまた長い花茎を伸ばして
小さな花をつけます。
可憐な佇まいですね。



こちらは去年の秋にE町の農家さんから頂いたお豆です。
下さった方も私も名前が・・・?
ところが、持つべきモノはお花に明るいお友達です。
画像を見て貰ったとたん、即答で応えてくれました。
ドリコス・ラブラブ日本名は藤豆と言うそうな。
名前だけじゃなく、花もサヤもかわいい!



ルリマツリ、日差しが弱いのか
色が薄め。




長い間咲き続けている胡蝶蘭です。
ドリテノプシス クイーン ビアー(Dtps.Queen Beer)
和名で満天紅と名札がついていました。
去年の秋に外でナメクジにやられ、花芽も葉っぱもぼろぼろに!
それでもこちらも別な場所に花茎を2本も立てる頑張り屋ぶりを見せてくれました。
まだまだ蕾が有るけどそろそろ花茎を切ってやらないとね。
新芽の時に囓られた葉っぱの先がが痛々しいです。




南国の花、ハイビスカス。
20年以上前に当時勤めていた道北のゴルフ場のお仲間達と
お祭りの出店でおそろいで買ったものです。
数年後に消息を尋ねると、枯れただの、処分しただのと・・・
元気にしていたのは我家のひと鉢だけ。
実は私も一度、処分しかけたことが・・・
枝ばかり茂って花付きが悪く
持てあまし気味だったのです(涙)
普段、花には興味を示さない家人が
どうしたことか、なんも投げる(捨てる)ことないべさ〜
って救いの手を差し伸べたのですよ。
なんと、その年の冬から、お約束のようにオレンジ色の南国気分満載の
大きな花を次々咲かせるようになりました。
不思議ですね、お花って。




これはモミジ葉ゼラニュームです。
花びらが線香花火みたいで、色も控えめで好きな花です。
徒長したら切り詰め、切った枝は挿し木にして
更新しています。




同じくモミジバゼラニューム。
まだモミジバゼラニュームが珍しかった頃に小さな鉢植えを買ったものです。
20年ほど経ち、今では珍しくなくなりましたね。




これはナカフオリヅルラン。
めめが囓ってぼろぼろになっていました。
同じ観葉植物のポトスのように毒性は無いらしいのですが
やはり心配なので隔離させてました。
あっちに吊るし、こっちに隠し
それでもちゃーんと見つけ出してすぐ囓る!
めめと違い、くーちゃんも姫ぃちゃんも全く興味がないようすです。
葉っぱはきれいに生えそろい、子ヅルもたくさんぶら下がりました。
密かにこの鉢にめめちゃんと名付けました。
毎朝、心の中で、おはようめめと呼びかけます。
めめの居なくなってからの月日を計る物差しになりました。




しめくくりは今日のインコズ
冷凍保存してあったオーツ麦、野ビエ、エノコログザの生穂を
仲良く貪っています。
やっぱり乾燥させたものより喜び方が違いますね。
おいしいね!







 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 16:56 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

排雪作業

 北海道の中では雪の少ないとこを見込んで
終の棲家に選んだのですが
去年、今年と2年連続で大雪らしいです。
大雪と言っても一度降ったらまたしばらく良い天気が続くので
寒冷積雪の道北地方に暮していた私には
そう苦になるほどの降り方じゃないのですが・・・・
今年は除雪機を手放したのを少し後悔する積もり方でした。
玄関の横の交差点の信号機も角度を変えないと見えないほど…


家と畑の間の駐車場も・・・・


インコ部屋(サンルーム)も・・・道路側からだとすっかり隠れていますね。


家の前の市道は除雪した雪が山になって
片側2車線の道幅も1車線ちょっとしか無くなってました。
排雪が来ないのかなぁ?
交差点の向こうも、お向かい側もとっくに排雪していたのになぁ。
あれから半月以上たつのに・・・変だねぇ。
うちの前と生け垣を左折する道路は市道。
直線の道路とお向かいは道道だそうです、解りマス?
斜めむかいのコンビニからみたら両隣へいく道は道道、向かい側の両側は市道?
一つの交差点なのに?
ええ?、なんだか訳わからなくなってきました。
でもね、ついに排雪の作業が始まったようです!
わくわくしますネ
引っ越して来る前によくお向かいの国道の排雪作業を二階から
見物したものです。
道路に面した窓が無いから・・・・インコ部屋から見て〜



道路に急いで出てみました。
辺りが暗くなってきています。
夕やけの残照が残る空に
車や機械のオレンジ色のライトが暖かく映えていますね。




大きなブルドーザーが道路脇の雪山を少し崩していきます。




その後をロータリー車が雪を吸い込み
あおりのついたダンプに吹き込みます!




荷台が雪で一杯になると
ブッ!
合図の音でダンプは出発!



滑るように次のダンプが来ます。
ゴウ〜〜ッとホースからの水みたいに
生き物みたいに
吐き出します。
なかなか効率いいんでないかい?



1mほどの幅を残してはいますがすっきりしましたね!
辺りはすっかり暗くなりました。
戦い済んで日が暮れて・・・関係者のみなさま、お疲れ様でした。




【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング



【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 19:52 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

君子蘭が咲きました

 2月ですね。
節分が過ぎ、大寒も過ぎ、例年どおり君子蘭が開花しました。
本来ならカテゴリーは「花」でしょうねぇ、、、
この君子蘭の身の上話を〜と思ってますが
元の育て親の通称、ガッツさんを抜きにしては語れませんので・・・
カテゴリーは「友達」でご勘弁を〜。
彼?彼女?(君子蘭)とガッツさんの聞くも涙、語るも涙の悲しく、そして心温まるお話をひとつ。


少し回りくどい長い話になるのは覚悟の上で
どうかおつきあいくださいね!
そもそも、事の始りは・・・・と、あれ?いつだったべか?
え〜と、たぶん7~8年前の丁度今ぐらいの頃、と思って下さい(謝:)
昼間は日が長くなってガラス越しの日差しも暖かい♪
放射冷却でその分、夜にはぐーんと気温が下がります。
その頃住んでいた道北の町は
テレビのニュースなどで十勝の陸別や旭川の江丹別などと最低気温を競いあうシバレの町でした。
その日も、確か零下30度を超えていた記憶があります。

>ノッコさ〜ん、居たぁ〜?

玄関で声がします。
出てみると、友人のガッツさんです、大きな鉢を抱えています。

>ちょっとぉ、この子達、助けてやってくれないべか〜?
>ど、どうしたの?
>腹立って、腹立って、、、う、う、う、・・・

関で仁王立ちしたガッツさんは涙声です。

ガッツさんは気の良い働き者の酪農家のお嫁さんです、お嫁さんと言ったって
私と同年齢だからその当時は50何才か?
それまでもちょくちょく嫁と姑の小さないざこざは有ったらしいけど
まぁ、現役の酪農家のお嫁さんは朝早くから夜遅くまで
牛舎で牛たちの搾乳や餌やりや掃除などと忙しいからね。
隠居したお姑さんと派手な立ち会いなんぞしているヒマも無しってことで
何とか平穏に治まっていたそうな。
ところが、、、お舅さんが80を超えて車の運転を止めてから
足の具合が悪いお姑さんの通院や用足しをお嫁さんに頼まざるを得なくなり、
頼まれても仕事の都合などでは、すぐにとは行かない事が度重なり・・・
ガッツさんに言わせると、それも直前になってあっちへ行け、こっちへ行けって言うんだよ!
だそうです。
病院や美容院でちょっと待たせただけで
ご近所や老人クラブで、うちの嫁は何時間も迎えに来てくれない鬼嫁〜と吹聴してるそうな。
夏場は本業の牧草の刈り入れを始め
花壇や庭や野菜畑の手入れなどと身体がいくつ有っても足りないほど多忙なお嫁さんも
冬場はね、花壇も畑も雪の下だし、牧草刈りも無いですもね。
当然、茶の間で顔をつきあわせる時間も増えるというモノ。
で、いさかいの始りの原因も確か、聞いたはずだけど
ちょっと思い出せませんが・・・
最初はねちねち、ぐちぐち言ってたお姑さんの口から

>親がだらしないから、娘たちもろくでなしなんだよ!
>都会で何こそやってるもんだか!

って娘さん達の悪口が出たそうです。
ガッツさんの娘さんってことはお姑さんにとっては可愛いはずの孫です。
それも学校を卒業するまで一緒に暮らしていた内孫です!
それまで、じっと我慢していたガッツさんも
こと我が子のこととなったら黙っていられません。

>自分の娘は何んなのさ〜!!!
>人の娘のこと言えるんだか!

って叫んで家を飛び出したんだそうです。
実は前年に保険のセールスレディをしていたお姑さんの娘さんが
ご主人と高校生と中学生の子供とを残して
某保険会社のN営業所長との不倫の果て
本州へ駆け落ちするという大事件が有ったばかりだったのです。
口にしてはいけない禁句だとわかっていたのに
売り言葉に買い言葉ですもね・・・解りますよね。

車で海辺まで行き時間をつぶして
それでも夕方の搾乳時間に間に合わせて家に戻ってみると
玄関の階段下の雪の中に
ガッツさんが大事に育てていた鉢花が捨てられていたそうです。

ゼラニュームや君子蘭や砂漠のバラなど十数鉢。
半泣きになりながら雪を払って牛舎に運び込んだそうです。

痛いところを突かれて腹の虫の納まらなかった姑さんが
有ること無いことお舅さんに告げ口したらしく
短腹なお舅さんがガッツさんの鉢花をターゲットにしたらしいです。
花にとってはとんだ災難ですね
火の気のない牛舎の隅に置いて、夜は毛布をかけたりしてみたけど
冷え込みで徐々に弱り出した様子で
10年以上も育ててきた君子蘭と砂漠のバラだけでも助けてやりたいと
私に助けを求めた〜とまぁ
話をかいつまんでみると
(かいつまめてませんけど
こんななりゆきらしいです。

寒さに弱い砂漠のバラは半月ほどして根元がぐすぐすに溶けだし
助けられませんでしたが
君子蘭のほうは新芽がことごとく凍傷で傷んだけれど
暖かくなった頃に一回り大きな鉢に植え替えして
木漏れ日の当たる山桜の木の下で養生させたおかげか
ガッツさんの思いが通じたのか
奇跡的に新芽が伸び出しました。

翌年にはついに花芽がつき、10個ほどだけど
花を見せてくれました。

年々、元気になり、根元から子苗も四本育ちました。



1昨年、N町から引っ越すときにガッツさん宅に里帰りさせようと思いましたが
(お舅さんはすでに亡く、お姑さんも寝たきりになり施設にお世話になっていました)
ガッツさんは小さな子苗を1本だけ欲しがり
親株はそのまま私に育ててほしいと言います。

一緒に越してきてから、去年、今年とこの一番冷え込みの強い時期に
約束のように花を見せてくれています。
たとえ草花でも心が有ると思う瞬間です。。。



君子蘭はヒガンバナ科、インコには良くないはずなので
隣の部屋に置いています。
特別にくーちゃんに見せてあげるね。



最後にガッツさんの名誉のために言い添えますが
あの騒動のあと、普段は車高の高いランドクルーザーに乗っているガッツさんですが
足腰の弱ったお舅、お姑さんのために
病院などの送り迎え用に乗り降りしやすい乗用車を買い
一生懸命尽くしてあげていました。
お姑さんが施設に入ってからは  ガッツさんが1週間も顔を見せないと
それまでのいきさつ忘れたかのように寂しがるんだそうです。
仕事の合間を見つけてはせっせと顔を見せに通っているガッツさん、
あなたは嫁の鑑です。

ちなみに、上司と駆け落ちしたお姑さんの実の娘さんは
埼玉にいることだけは判ったそうですが
お舅さん(父親)の葬儀にも
お姑さん(母親)のお見舞いにもいまだ顔を見せていないそうです。。。


【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 16:15 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |

ジュリ〜♪

もうずいぶん前の事になりますが
ジュリーこと、沢田研二のLIVEに行ってきました。




実は私、こう見えても女学生時代があったのです・・・ちゃんと(汗)
美しかったとか、きれいだったなどとはけっして申しませんが
若かったのは嘘じゃございませんよ!
当時は世に言うGS時代。
ご多分に漏れず、わたしもその顔で(笑)
あこがれの君はジュリー〜

新聞でチケットの発売を知った時には、すでに完売〜!
で、とっくに諦めていたのです。
が、な、なんと!
ライブの4日前になってチケットが2枚だけヤフーのオークションにかかったそうです。
チェックし続けてくれた次女がゲットしてくれました。




知らせを聞いたのは徳島空港で…
折しも4年ぶりのお遍路の旅の帰り道でした。

当日は田舎モノな上に方向音痴な母に、会場まで次女が付き添ってくれました。
会場前に何列もの行列が出来ていて
三々五々、友人達と連れ立つちょっと前の女学生・・・いえ、かなり前の・・・(汗)
古ギャル集団、賑やかです!
11、000円で落札してくれたチケットは2枚連番のうちの一枚。
いくつになってもひとりぼっちは淋しくて
しゅん。。。
何を隠そう、わたくし未だに一人で食堂などに入れない臆病者なのです。

でも、たまたまお隣の方がもう一枚の落札者で、私と同じようなおとなしい(?)タイプ。
その方はご主人が一枚だけゲットしてプレゼントしてくれたそうです。
仕事中に時間休を貰って駆けつけたというその方と
互いに良かったですね~と
自然と話が始りました。

何しろ、今回のコンサートはジュリーに加えて
サリーこと岸部一徳、タローこと森本太郎、
そしてピーことドラムスの瞳みのるの参加という超豪華版なのです。



 >僕がマリーと会ったのは・・・・♪

舞台の上にジュリーが現れたとたん

 キャァ〜

会場は一気に総立ち〜!!
見、見えない。。。
お隣の奥さんと顔を見合わせ
ふた呼吸ほど遅れを取ってしまったけど
私たちも立ちましたとも(笑)

それからの2時間あまり、誰も座ろうとしません。
ジュリーが何度も、同じように年齢を重ねてきたファンの足腰を心配して
座って下さいと〜と呼びかけるも
聞く耳持たず〜?
恐るべし、タイガーズファンの古ギャル。

私だけは一日前まで駆け足のお遍路の旅で
足の裏もふくらはぎもぱんぱんで・・・・ついに、着席〜!
おそらく会場を見回しても
座っていたのは私一人だったに違い有りません・・・

華奢で小柄な赤いパンツルックの瞳みのるが跳んだりはねたりする姿に
みんな 我を忘れたようで
ピー〜! ピ〜! ピ〜!
この頃になるともう会場中が十代の少女みたいな?
もちろん、最初は静かに聞いていたお隣さんも私も
ピー〜! ピ〜! ピ〜!(笑)
嬉しかったですね、もうたぶん、この目で舞台上の彼を見ることは無いと思ってましたからね。
ピーはタイガースを脱退した後、高校編入、慶応大学入学、そして高校の教諭として
何度となく、修学旅行で生徒を引率して札幌に来ていたそうです。
40年ぶりのちっとも代わらない姿が嬉しかった。

生きてさえいれば・・・そう、生きてさえいてくれたら
こんな事が有るんだね。
もう二度と会えない人達・・・NSPの天野さん、ガロの日高さん、村下孝蔵さん、大塚博堂さん、もう一度聴きたいよ、生きてて欲しかったよ。。。


至福の時間の興奮と熱気は
胸の中にしまっておくつもりでしたが・・・
なんと、夕べ、NHKで放送されたのです!
「SONGS」 沢田研二 ザ・タイガースを歌う〜



あの日の服装のままの4人が!
知らず知らず頬を涙が伝わった「青い鳥」や「僕のマリー」「誓いの明日」など
あの夜の感動がよみがえります。
思わず、携帯でテレビ画面をパシャッ!



ジュリ〜!



サリ〜!



タロ〜!





ピ〜!


※ 見逃したというファンの方へ
再放送は、2012年1月24日(火)25:30〜25:59
(厳密には、25日午前1:30〜1:59)



【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 22:41 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

ああ・・・

 私は・・・絶好調に肥えております
だいぶ前からおやつは控え(私なりに?)
ドレッシングの代わりに昆布醤油をかけ
ご飯のおかわりを3日に一度くらいは我慢しているにも関わらず・・・
にっくき体重は落ちるどころか、増える一方なのです
なんと理不尽な!
膝関節症を診て頂いてた担当医のT先生の
「膝が悪いのでノッコさんは無理して長く歩いてはいけませんよ〜」
の言いつけを守って、運動は控えてました。
が、・・・・やっぱり身体が重いです、未だかってないほどの身体の重さです!

それでね、こんなの買っちゃいました。
”ルームマーチ・プロ”
自動足こぎ器?とでも言いましょうか
なかなか、膝の屈伸運動も長続きしない私に、娘が通販雑誌で見つけてくれました。
13、000円也かぁ・・・高いなぁ。
しかし、な、なんとネットショップで9800円でゲット!



説明書ではスリムなモデルさんが使用中〜♪
あ、あのねぇ、アナタなら要らないっしょや〜!
使用前、使用後の写真は無いのかぁ?
パンフレットまであざ笑うって何さ!



せっせ、せっせとペダルをこぎます!
って言うか〜、足をベルトで固定して
スイッチ・オン〜で勝手にペダルこぎ運動開始〜。
速さも時間も自由自在さぁ。
おまけに消費カロリーまでご丁寧に表示してくれてます。
運動しなくちゃ・・・と解っていても長続き出来ない意志薄弱の私に
おあつらえ向きの優れものですねー。
はぁ〜ぁ、今日はコレくらいにしておくか・・・・ずいぶんカロリー消費したはず。

し、か、し・・・体重計はあざ笑うかのように!



せめて100gでも200gでも体重が減ってほしい。
追い立てられるように、こんなのも買っちゃいました!
これで痩せてやるんだい!!
はぁ・・・




【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 18:03 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

祈り

大変な事が起きました。

現実の事と受け止めたくない思いが湧いてきます。
でも・・・これは現実。
目を覆いたくなるような惨状が広がっています。
当初マグニチュード8、8と報道された地震の規模が翌日にはマグニチュード9と
訂正されました。
未だかつてないほどの規模の地震でした。

本当の被害は直後におそった津波と
追い打ちをかけるように起きた福島原発の事故でした。

被害に遭われた方達のつらさを思えば言葉がありません。
死者と行方不明者との総計が数万人を超えるのではと
観測も出始めています。


思うように支援の手が届かない現実。。。
何も出来ない無力感に苛まれます。
亡くなられた方のご冥福と
被害に遭われた皆様の健康を祈る毎日です。


【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 07:53 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

もう・・・2月です!

 明けましておめでとう〜♪
なぁ〜んて言ったのがつい数日前だったような?
あらら・・・、もう2月になってるっしょや!
昨年までのこの時期と比べたら
天国と地獄?
ううん、地獄からの生還〜ってとこです。
だけどね、人間は悲しいほどに慣れやすく出来ていて
(もしかしたら私だけかも?)
雪かきから解放されて極楽だわぁ〜と思ったのもつかの間
少ししたらそれが普通になってしまうんだよね。

友人から電話を貰いました。
「毎日、何してる〜?」
「何んもさぁ〜」
本当にコレといった事をしていないのです。
なのに・・・、もう2月。




思いがけないほど、今年はここも雪が多いようです。
新聞記事も・・・







〜ドカ雪島松ルポ〜ですかぁ。
「また除雪」住民ため息
高齢者「足腰痛い」
「泳いでるよう」喜ぶ子供・・・だって。


寒冷積雪の半端じゃない宗谷から引っ越した私には
何も驚くに値いしないんだけどね、確かに積もってますねぇ。



裏のKさん宅の屋根に・・・?
あれ?


雪降ろしだぁ!
Kさんがプラスコップとスノーダンプを持って上がって
一人で雪降ろしをしています。

去年まで、月に何度も同じ事をやっていたんだわ。。。
懐かしいような、切ないような・・・複雑な思いが押し寄せて
しばし、眺めていました。

母屋の屋根が終わり、細い板を渡って
隣の小屋の屋根に移動しましたね。


気をつけてねー!
落ちないでね!
手伝ってあげたいけど・・・、kさんは私より若い殿方だしね・・・
うちの中から応援だけネ。
それぇ〜!
がんばれぇ〜


【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング



【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/9PAGES | << >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS