14年を振り返って 

  またまた長〜いご無沙汰でスミマセンでした。

  皆さんの思いをひしひしと感じつつ、のど元まで詰まった弁解を飲み込み
  いまさらですが今年一年を振り返ってみました。
  重複する部分もありますが、どうぞ多めに見て
  ご容赦くださいねー。

 
1月
   年明け早々、連日、群馬のあくりファームの冷凍食品の農薬混入のニュースで
 大騒ぎでしたね。
 なるべく手作りにこだわっている我家には縁の無いことかと思ってましたが
 もしかしたら?と冷凍庫のチェックをしました。
 有りましたよ。
 同じ工場製造の冷凍パイシート。
 連日のように新聞誌上を賑わせている製品の返品、回収リストに載っています。
 それも11月に買ったままそのうちに〜などと仕舞いこんでいたものです。
 製造された時期も怪しい?
 レシートは残ってませんが、近くのコープ生協で買ったのは確かです。
 とりあえず持って行ってみましたら
 あっさりと受け取って貰え、返金もして貰えました。
 さすがコープ、対応がすばやかったです。
 その後、工場で働いていた派遣社員が逮捕され
 一連の騒動は終息しましたが
 劣悪な勤務内容が引き金になった犯行だったようです。
 犠牲になって亡くなられた方が出なかったことが救いでしたね。



2月
 2月22日、大安。
 そして夫婦の日。
 この日、次女がめでたく入籍しました。
 前日からの大荒れでご両親の乗る飛行機の運行が危ぶまれましたが
 当日は一転、青空が広がり
 ご両親も無事到着されました。
 両家の両親の立会いで婚姻届を記入し
 写真館で記念写真を撮った後、お祝いの会食をしました。
   式場のホテルでお婿さんの衣装合わせも済ませました。
 よく似合いますネ。
  

 あちらのご両親を新千歳空港に送り届け
 若い二人は札幌市役所に婚姻届を出し、晴れて夫婦になりました。


3月
 以前から痛みをこらえていた右手親指のばね指。
 曲げると伸ばせなくなったり、カクッ!とい激しい痛みを伴って
 戻るようになって、だましだまし除雪機のハンドルのレバーを握っていました。
 3月になり、もう除雪機の出番は無いはず〜と思い切って手術を受けました。
 手術は15分ほどで済み、その場で指を動かすように
 言われました。
 「い、痛くない!」
 「引っかからない!」
 こんなことなら、もっと早く手術を決断すべきだったと
 つくづく思ったものでした。

 
 
 下旬のある日、娘婿のT君の勤め先の本社の移転にあわせ、二人の新居も引越すことに
 忙しいT君に代わり、娘と私とで不動産屋さんの契約に行きました。
 築年数は古めででしたが、下が車庫で4戸のこじんまりしたマンションで
 ストーブ、ガス台は備えつきの古いもので我慢。
 テレビはT君が使っているもので。
 洗濯機、冷蔵庫は新たに購入することにし、その足で電気屋さんへ。
 何とか、新居の形が出来あがりました。
 これからは二人で力を合わせて頑張っていってね。

 
4月 
 両方の父親の体調が思わしくないということで
 急遽、6月に挙式の運びとなりました。
 参列してくれる方の足を考え、北海道の空の玄関新千歳空港に近い隣町のホテルで
 挙式することにしました。
 本社の移転業務で忙しいT君と認知症の進むお義父さんの介護と仕事の両立で
 顔を出せないお義母さんに代わり、娘と二人
 案内状や式次第の打ち合わせに何度も何度も式場に通いました。
 気づくと雪は消え 庭に春が訪れてました。
 真っ先に咲き出した福寿草です。
 
 
 猫たちの好きなミントも芽を出しました。
 さっそく、Mさんちの猫ちゃんがごろにゃん。
 ミントの枯れ木は今年も猫さんたちに大人気♪
  

  春の庭を飾ってくれるクリスマスローズも咲いて・・・
 
 その後も、手術した手の傷の一部が化膿したり
 娘の挙式の打ち合わせなども続きました。
 料理や式次第から始まって、会場の高砂の花やテーブルクロスや
 椅子カバーまで希望のものを選ぶ作業が半端ではありませんでした。
 趣味や好みの多様化に対応しているのでしょうが・・・
 高砂の花もクロスなどもシックで無難なものを選びましたよ。
 後日、最後の打ち合わせの日に
 希望通りのセッティングで最終確認もさせてくれました。
 最近、結婚式にこだわらないカップルが多いそうで
 ブライダル業界の必死さが垣間見えて複雑な気持ちになりました。
 


 
 

 お父ちゃんの加減も思わしくなく気持ち的に落ち着かなかったけれど
 日差しの暖かさと庭の花々が疲れた気持ちを春色に変えてくれました。
 南から届いた春の香りと味覚にも鍋いっぱいの元気をもらいました。

 

 我が家の宝物のくーちゃんも姫ぃちゃんも換羽が始まりました。
 よく食べ、よく遊び、二人ともとっても元気ですよ。
 

 くーちゃんは相変わらずお母さん命です(笑)
 


5月
 旧友3人で舟木一夫、西郷輝彦、三田明の3人のコンサートに行きました。
 私達が中学、高校時代、一世を風靡した元祖アイドルです。
 周りの観客はみんな同世代、一瞬で女学生に戻って幸せな時間をすごしました。
 帰り道、横切った公園の八重桜がすっかり散っていて
 地面をピンクのじゅうたんに変えていました。
 しばし見とれました。
 私たちの青春はこんな風に散ってしまったんだね〜
 古ギャル(笑)も感傷で涙がほろり。
  
  

6月
 大安吉日の日、娘が嫁ぐ日がきました。
 娘の希望で当日は極力派手な演出は削り
 親族と友人だけの温かで和やかなお式になりました。
 

 T君の笑顔が印象的で、この先何があっても
 この笑顔で乗り切ってくれそうな気がします。
 

 残念なことにお父ちゃんはどうにも体調が良くないと
 新郎新婦の入場を見ただけで式場を後にしましたが
 つい数ヶ月前、レビー小体型認知症を患っていることが分かり
 急激な進行ぐあいで結婚式への出席も危ぶまれたT君のお父さまは
 最後まで気力を振り絞って頑張ってくださいました。

 披露宴の終了真近に娘からのねぎらいの言葉と抱擁を受け
 張り詰めていた感情が堰を切ったのでしょう。
 花嫁にハグされたまま号泣し
 司会の方までが貰い泣きをされるという場面も有りました。

 参列した皆さんから温かな良い披露宴だったと
 声を掛けていただき苦労が吹き飛んだ思いがしました。

 お見送りのときに〜と姉がハーブをつめた匂い袋を作ってくれました。
 色とりどりの着物の生地で良い香りがします。
 娘が皆さんに1個ずつ手渡させてもらいました。
 Yお姉さん、ありがとう。
 
 
 遠くから来てくれた姉兄たちとなおらいの宴の後、式場のホテルに一泊し
 翌日、小樽に案内しました。

 全員で人力車に乗ってみました。
 

 体重制限は無いそうですが・・・すみません(謝)
 

 
 大きな行事が終わってふと気づくと
 インコ部屋から見た庭がとってもきれいです。




 思い立ってくーと姫ぃに日向ぼっこをさせましました。
 いつも眺めてる野鳥さんの餌台の横のカルミアが満開で
 くーちゃんもうれしい?
    
 
 姫いはびびりなのでスズメの鳴き声でびくびく。   


  お母さん、ピントが合ってませんよ。



 1週間後、前に住んでいたN町で親のように親身になって
 お世話をしてくださった方が亡くなりました。
 10日前に懐かしいだろうとN町の山のフキを送ってもらったばかりでした。
 86歳のAさんは一つ下の奥さんと大きなダンボール箱いっぱいに
 きれいなフキをつめて送ってくださいました。
 

 N町といえどもこんなきれいな青フキはそう簡単に採れるものではありませんし
 なにしろ重さも半端じゃないのに
 郵便局まで運んで送って下さったお二人の気持ちが涙が出るほど嬉しかった・・・
 お礼の電話で元気な声を聞いたばかりなのに
 信じられませんでした。
 

 12日の晩ご飯の後、急に力が入らないと言い出し
 救急車で病院へ〜、診察後に入院が決まり付き添って行った奥さんに
 もう帰っていいよと言った直後に容態が急変し2時間後に亡くなったそうです。
 当日も車を運転をし地域の役員会に出席されて普通に生活されていたとか。
 誰もが願うぴんぴんころりと言える最後でしょうが
 お元気だっただけに、再会を一日伸ばしにしたことが
 悔やまれてなりませんでした。
 いつも仲むつまじく寄り添っていたお二人。
 一人残された奥さんを案じながら遠くから冥福を祈るだけで
 何も出来ない自分が悔しい。

 
7月
 T君のお父様がくも膜下出血で倒れられ緊急手術を受けられました。
 ちょうど、地域の商店会のお祭りで、猫の手も借りたいほどと伺い
 何か裏方ででもお手伝い出来ることがあれば〜と
 お見舞いを兼ねて娘と出かけました。
 お父様の手術は成功し、ちょうど一般病棟に移られたところで
 顔色も良く、頭の傷の治りも順調そうでした。
 お祭りのお手伝いは生ビールの係りでしたが、あいにくの雨で
 売れ行きはイマイチ。
 たいしたお手伝いにはならなかったような?


8月
 お父ちゃんの加減はそれからも徐々に下り坂?
 ついにあれほど好きだったプチドライブも億劫な様子になりました。
 私に運転しないか?と言い出しました。
 プチドライブと言っても、つい1キロ弱のコンビ二に
 数日置きにヨーグルトを買いに行くだけなんですけどねー。
 それでも一日中、うちの中で横になって過ごしているお父ちゃんには
 結構な運動であり、お日様に当たる唯一の機会だったので
 それを良いことに私は長いこと車の運転をやめていたのですが・・・。

 そんなある日、「高速道路の練習しない?」と娘の提案で
 苫小牧方面に・・・。
 なんとそのまま、実家のお墓参りまで済ませましたよ。
 2年ぶりの故郷の景色。
 お墓に登る坂道も懐かしく、祖父母、兄姉、叔父叔母、両親ら
 お墓に眠るご先祖さまに永のご無沙汰をわびて手を合わせて来ました。

8月
 数年前から経過観察だったお父ちゃんの左脚の動脈が
 ついに風前の灯〜だそうで(涙)
 出来れば手術はしないで済ませたかったのですが・・・と
 主治医の先生から手術に踏み切る決断をした経緯の説明を受けました。
 ほぼ時を同じくして、くも膜下出血で入院していたお義父さんも
 順調に回復され、自宅で介護を受けながら階段を上り下りするリハビリを
 頑張られてました。

 家族のため、無理を重ねてきた二人のお父さん。
 一日でも長く生きててくださいね!
 生きてさえいればきっと、幸せはあなたの傍にありますよ。

 私の好きなハーブのモナルダが満開なので
 まったく記事とは関係有りませんが
 彩りに〜(汗)
 

 薄ぼけの写真ですが、もう一枚。
 
 うちのお父ちゃんも、幸い手術は成功し
 10日間ほどの入院で無事退院できました。

 お父ちゃんが入院して数日した頃、姫ぃちゃんくーちゃんの2羽が
 あれ?
 お父さんがいないんでないかい?
 と、ふと気づいた様子で(笑)
 放鳥したとたん、あっちこっちの部屋を探し回り始めました。
 すぐに気づかず、数日後〜というのが
 いかにも普段、静かなお父ちゃんらしくって
 可笑しかったですが
 お父ちゃんのめんこの姫ぃちゃんはすっかり意気消沈。
 くーちゃんはお母さんが隠したんでしょ?とばかり
 出せ出せ〜コール&耳かじり攻撃(泣)

 退院してきたお父ちゃんに2羽がべったり。
 お父さん、もうどこにもいかないでね。


ねぇ、だいじょうぶ?


お父さん、だいじょうぶ?


お父ちゃんってば!



特にお父ちゃんのめんこだった姫ぃちゃんは大喜び!
愛をこめてお父ちゃんの少な目の頭髪を一本一本
毛づくろいしてあげてました(笑)
たまらず手で追い払うお父ちゃんです。


   2014年 ◆,紡海

 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あっちに行け〜!

お正月くらいまでは雪が少なめでしたが
徐々に積もりだして、やっぱり例年並み?
いえ、例年以上の嵩になってますよ。



 3月になり日中は暖かな日が続いて
車道や歩道の黒いアスファルトが見えて来ましたよ。



例年なら、ツルハシやスコップで雪割りに精を出す頃なんですが・・・
今年はね・・・あ〜あ。
だいぶ前からバネ指に悩まされてましたが
騙し騙し酷使した結果
ついにお正月過ぎに指が悲鳴を上げました。
重い物を持つたび取り落とし
瓶のふたは開けられないわ
包丁を握るのも切なくなり
布団を敷くのも、上げるのも
書き始めたら有るわあるわ。

イタタタ・・・。


それでもきのう今日、急に始まった痛みじゃないので
じっと我慢の2ヶ月・・・
ついに耐えられなくなりました。
わたし、まけましたわ(涙)

地元のリハビリ施設の評判が良い整形外科へ向かいました。
正式名称は狭窄性腱鞘炎。
屈筋腱腱鞘炎とか弾撥指とか通称はバネ指と
呼ばれることが多いみたいです。
加齢と50代以降の女性に多いことから
女性ホルモンの減少なども原因と言われているようですが
一番の誘因は手指の使い過ぎだそうです(涙)


患部へのステロイドの注射に
近赤外線や低周波の照射や
ー30度Cの超低温の冷気を当てたりと
炎症や腫れを緩和するための治療を試して貰いましたが
ある日、私の顔を見るなり
>これから、どうしますか〜?
>思い切って切りますか〜?
お医者さんはさじを投げたような顔で
切り出されました。
>保存療法を選んで長く通院するのも
>思い切って手術を受けて治療をオシマイにするのも
>決めるのは患者さん、本人です〜
>手術は10分ほどの短時間で済み、30分もしたら歩いて帰れますよ。
うーん、コワイけど
決めました!
手術は1週間後。

こんなになりました〜(痛!)




うちに帰ると・・・
待ちかねていたくーちゃんが
>お母さんの手のはずだけどなんか変だぞ・・・?

>あっちへ行け〜!!



あっちへ行けぇ〜!




噛んでやる!




噛んでやる!




よ〜く見たらお母さんの手みたいだ!

ねぇ、お母さん
どうしたの?




お母さん
だいじょうぶ?




ねぇ、痛いの?




ねぇってば!



くーちゃんは心配そうな顔で
側から離れません。
>大丈夫だよ。痛くないし
>すぐ良くなるからね。




姫ぃちゃんはマッチョでアスリートなのに
超ビビリなので
コ、コワイよぉ!
隣の部屋の棚の上に避難。

触らぬ神にたたり無し〜ですぅ(笑)


 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | インコたち | 10:47 | comments(22) | trackbacks(0) | - | - |

オカメパニック

 今朝、早朝に四国地方で震度5強の地震がありました。
比較的地震の少ない場所と思っていましたが
かなりの揺れだったようです。

テレビ画面に各地の震度がテロップで流れます。
震源地の香川と高知、愛媛、徳島の四国4県に加え
山口、兵庫、福岡と本州や九州などの近隣の県も
震度4〜2と広い範囲で揺れたようです。

徳島のコマメちゃんのとこは大丈夫だったかしら?
海からは間があるから津波の恐れはないにしても
母屋のすぐ裏手の金網で囲われた山肌が目に浮かびます。
立派なコンクリートの塀には見えたけど
夜中の揺れは予想外のこと。

奥尻南西沖地震の実家の被害がよみがえります。
また、子供のころ祖母からも
明治29年の東北の地震のときの怖かった体験を
繰り返し聞かされていました。

7歳だった祖母は両親と2人の小さな妹と一緒に高台に逃げて
難を逃れたそうですが、眼下に押し寄せた津波の光景は
目に焼きついていると聞かされました。
地震、雷、家事、親父。
昔から怖いものの筆頭に上げられる地震ですが
実家が半壊した奥尻南西沖地震の被害の大きさも
衝撃でした。

奥尻南西沖地震のとき、火災の映像は繰り返し流れましたが
5mとも10m以上ともいわれた大津波の映像は記録されていません。
3年前の東北の地震と直後の津波の未曾有の被害の大きさ。

入り江の狭まった青苗地区の何十倍の入りくんだ海岸線の形状を思うと
あのときの津波の映像があれば
誰もが、大きな地震のあとの大津波を予測し
もう少し、犠牲者が少なかったかもしれません。

電話が混み合っていたら・・・と
メールで伺うと
>ここらは震度3とのことでしたが
>全員飛び起きました。
>この辺はまず津波の心配は無いので
>すぐにZZZ・・・
何事も無かった様子にホッ〜〜!!
良かった良かった!

次に気になったのは震源地に近い鳥友さんたち。
震度5強という震源地の香川にはオカメのくうちゃんがいます。
対岸の震度4の山口にもブルーベリーちゃんたちや
ゆきたんちいちゃんたちも!

震源地に最も近い香川のくうちゃんはケージの中で暴れていたので
慌てて掴もうとして尾羽5本抜けてしまったそうです。
だっこしていたら落ち着き、出血や後遺症もなく
元気で餌をついばんでるそうで
ひと安心とのことでした。

佐賀のまぁちゃんとまぁちゃんままさんは朝まで地震に気づかず爆睡!
す、すばらしい(笑)

ケージでバタバタ騒ぎ、飼い主のYさんを驚かせた大阪のぴーちゃんですが
怪我は無く無事だったそう。

福岡のjin君はお兄ちゃんがまだ起きていて部屋が明るかったお蔭で
強い揺れだったにもかかわらずok

同じ九州でも長崎の辺りは揺れも少なく、パールちゃんも無事でした。

山口のブルーベリーちゃん達5羽は全員無事!
まったくパニックも起こさなかったそうです。

同じく山口のゆきたんはおちつかせるのに手こずったようですが
怪我は無かったそうで、ほっ。

和歌山のぴこらちゃんはケージの中で大騒ぎして
揺れに気づかなかったお母さんを起こしてくれたそうですが(笑)
もう一羽のピースケちゃんはまったく動じていなかったそうです。
すごい個体差ですネ。

大阪のみゆみゆさんは初めての出産をひと月後に控え
兵庫の実家にマメルリハのねぎちゃんとオカメのひめちゃんも一緒に里帰り中。
震度3の揺れですぐに電気を点けて声をかけてあげたので
何事も無かったそうですが、赤ちゃんと2羽の鳥と
もしものときにマンションの12階から
どうやって避難すれば良いのかと不安を口にされてました。

二年前にオカメパニックで左の風切り羽がみんな抜ける大怪我をしたくー。
左側の翼が何にも無くなり、食欲も無くなり
よたよたと飛ぶのもやっと。
体重も85gに激減で、小鳥のクリニックで強制給餌をしてもらいました。


抜けた風切り羽。


風切り羽が無くなった左のつばさが気になるようで
しきりに羽づくろいをしようとするのですが
しゅ〜っと出来ず、ショック。



南海トラフの予想を見聞きするたび、被害が最小で
人も動物たちもどうか無事で済みます様に・・・
オカメインコの飼い主の皆さんもと
心から願わずにいられない朝の出来事でした。





 


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | - | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ビワの葉

徳島のはとこのコマメちゃんから
ビワの葉を頂きました。
邪魔なビワの木を処分し
いつもはそのまま放置して有機肥料に〜だそうですが
お茶にしてみたらとっても飲みやすいのでいかが?
とお電話を貰って
即答でお願いしました〜。

実は去年、種子島出身のお友達から
何度かビワの葉茶をご馳走になってました。
癖が無く、かなり薬効が有るそうな
ここら辺では手に入らないけど
そのうち試してみたいと思ってました。
こんなに早く機会があるとはね・・・
ありがたいですね〜!


大きな箱を開けて見ると
たくさんのキンカンと


大きな大きな丸丸とと太ったサツマイモ
(初めて見る大きさ!)



モチロン、肝心のビワの葉もたっぷりと!


種子島出身の友人の話では
35度のホワイトリカー漬けのビワの葉エキスは
痛みや皮膚病に即効性が有り
打ち身、ぎっくり腰、アトピー、虫さされ、虫歯の痛みにまで
てきめんの効果があるんだそうです。
山歩きの必需品として小さな容器に入れて
持ち歩いているそうです。


早速、葉の裏の綿毛をタワシでこすり洗いして
広げて乾かしてから
2〜3センチに刻んでガラス瓶にぎゅうぎゅう詰め。
35度の焼酎(ホワイトリカー)をドボドボドボ・・・・
これで3ヶ月〜半年後に万能薬のビワの葉エキスが出来上がる(予定)♪



虫さされに弱いS姉にも葉っぱをお裾分け。
残りはお茶に加工しました。
タワシでこすり洗いして
影干しし、
鋏でなるたけ細かく刻んでから念入りに乾燥。



念には念を入れ
少し空煎りしました!




冷めてから保存瓶に詰めてみると・・・
あらら、思ったより少なくなりました(涙)



金柑は蜜煮と



ジャムにしました。



金柑のジャムはほのかな苦みが大人の味?
やみつきになりそうな美味しさです。
我家の朝のトーストに欠かせなくなっています。

 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 13:17 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

鳥が好き!

私は鳥好きです。
猫かわいがりならぬ
鳥かわいがり〜って言葉があっても良いんでないかい?
羽があって飛べる鳥類のすべてが愛おしく
庭に集まる雀たちや
アカゲラやヒヨドリだって
飼えるものなら飼ってみたいのが本音。

散歩の途中、肩に留まった迷子のインコを保護したとか
ベランダや車庫に迷い込んだインコを保護したとか
言う話も聞きます。
鳥好きにとっては宝くじに当たったような素敵な話ですね。
飼い鳥を迷子にした経験のある人にとっては
希望であり救いです。
そんな特別なことじゃなくても
冬の間だけ設置する餌台に寄ってくる野鳥を眺めるのだって
至福の時間ですけどね〜。

スーパーのジンギスカン売り場のサービスの脂身を
頂いて来ては
百均の小さな泡立て器に押し込み
餌台にゆわえ付けておくと
赤いベレー帽をかぶったようなアカゲラが嬉しそうに
来てくれるし


たまにはこんな風にシメのオシリを盗み見たり(笑)



花好きの唯一の贅沢のサンルームのはずが
いまや・・・庭の野鳥観察所、兼2羽のインコズ御用達の
遊び部屋になっています。

3段の木製の棚は頑固な作りになっていて
ちょっとやそっとでは壊れないはず。
サンルームを増築して貰った時に
業者さんがこさえて設置してくれました。
一番下のカフェカーテンで隠れている場所が
本来の花置き場。
オキザリスやゼラニュームなどの鉢花が
ひっそり(笑)



天井の太いはりに麻紐を結わえて
遊び場にしています。
囓って遊ぶマンチボールや
つついて遊ぶピンチなど
少しみったくない(見た目が良くない)けどネ。
インコズが喜びそうな可愛いグッズはお姉ちゃん達が
見つけては買ってきてくれたものです。


くーはここに留まって柳のマンチボールを
カジカジして破壊するのが日課です。



姫ぃちゃんはここで居眠りをします。
鼻歌を歌いながら、寝言も言いつつZZZ・・・
寝る子は育つ?



トウモロコシ皮で編んだ篭の中には
野びえやオーツ麦、オーチャード、チモシーなど
夏の間蓄えた乾燥穂を入れてあります。



小物干しのハンガーに留まりやすいように
麻紐をぐるぐる巻きにしてあります。




その下の3連のブランコは
姫ぃちゃんのマッチョを維持するための
大事なアイテムです(笑)






ちょっと引いてみますと・・・



もっとず〜っと引いてみますと
右端のディレクターチェアがお父ちゃんと私との
鳥見の特等席です〜。



結婚当時、高嶺の花で買えなかったディレクターチェア。
お父ちゃんがずっと欲しがってたんだよね。
今や数千円で買えるようになりました。
デフレの恩恵でしょうか。



インコ部屋の入り口にはこんなものも・・・
止まり木と小さな物干しの組み合わせ
ストーブの横でぬくぬく
まったりくつろぎの場所です。



落とし物予防に放鳥中はこうして新聞紙を広げ
床をガード(笑)



昼間はこの遊び場とケージの上で
2羽でまったりしています。
くーちゃん命の姫ぃは一瞬たりとも側から離れません。



横木は白樺の細い枝を乾燥させて
先を尖らせて
ケージに差し込んでいます。
枝先は百均の大きいフックをつなげて渡してあります。
たまに姫ぃちゃんが鈴をつついたり
くーちゃんがフックをよじ登ったりします。



左側のドアチャイムは
姫ぃちゃんがつんつくしては音色にうっとり。




足下にはサンルミエという暖房器具を置いています。
うっかりインコズが留まっても火傷をするほど熱くなくて
ぽかぽか暖かいので便利グッズです。
お日様がささない雪の日に活躍します。



 食器棚の上もインコズの遊び場になっています。



姫ぃちゃんもくーちゃんも
このかごもお気に入り。



カゴをカジカジするのに夢中なくーちゃんと違い
イケメン姫ぃちゃんはしっかりカメラ目線です。



右側のケージは一回り大きいくーちゃんのおうち
左のケージが姫ぃちゃんのおうち


くーちゃんのケージと姫ぃちゃんのケージは渡り廊下ならぬ
2連のハシゴでつながっています。



おもちゃに全く興味無しの(食い気いっそう)くーの家は広めです。
扉の入り口に囓り木が一本と
中には木製のスイングが一個と、上部に短い止まり木が2本、下部に長い止まり木が一本。
上り下りしやすいようにハシゴがかけてあります。



隣の芝生は青い?
くーちゃんは時々、姫ぃちゃんのケージにチェックに入ります。



姫ぃちゃんの家はおもちゃがいっぱいで
狭いねぇ!
ボクはこういうのシュミじゃないね!




姫ぃちゃんのケージの横には
待っててねスタンドをセットした体重計と
水浴びをする水槽が常設してあります。



ねぇ、気持ちいいの?
足冷たくないの?



朝は姫ぃちゃんが目覚まし代わりに起こしてくれます。
仕草やさえずりに変化はないか
うんちの状態もチェック!
体重も計って・・・
朝イチの大事な仕事です。
よ〜し、OKだよ!
さぁ、今日も楽しく遊ぼうね。
 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | インコたち | 19:42 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

二月は・・・やっぱり逃げました

すみません、今年はブログをもう少し頑張る!
なんて殊勝なそぶりをお見せしましたが
やっぱり2月は逃げました(謝)
放置っぷりがさまになりません。
もう開き直っているような私です。

2月は(2月も?)何とも慌ただしく過ぎました。
いつも同じような事を言ってるとお思いの
そこのアナタ、ほ〜んとなんですから!
実は・・・次女の結婚が本決まりになりました!
大学を出た時からの長いおつきあいにいよいよ終止符を打つことになり
本人達はむろんのこと
両方の親も感慨深いものが有ります。

一昨年の11月に正式に婚約〜、両家の親の顔合わせも済んで
いよいよ〜と思ったのもなんのその。
それからまた2年・・・
今度こそ○回目の正直で(笑)


今回、お相手の勤め先の本社が移転することになり
それに伴って通勤の便を考えて、入居するマンションも引っ越すことに。
会社の引っ越しで多忙な婿や
遠くにおられる親御さんの代わりに
不動産屋さんで入居の 契約をしたり
式場の場所やプランなども
こちらの希望に添ったもので構いません
〜とのあちらのご両親の申し出を有り難く受けさせて戴き
体調がすぐれない夫の出席を考慮して
体調の急変の場合も対応の取りやすい隣町のAホテルでの
挙式に決めさせて貰いました。



お婿さん、え〜と、便宜上
K君としておきますね。
娘もK君も何しろ初めての事でして
親の私たちも初めての経験でして(笑)
式場の予約や式次第の説明
花嫁、花婿の衣装の仮予約。
事細かに設定があり
料金もピンからキリ
こんなに大変なものかと今時の結婚式事情に
おどろくばかりでした。


色打ち掛けの試着です


これがいいかなぁ。



婿殿の羽織袴、凛々しいですね!



ウエディングドレスも決めました。
二人の笑顔がはじけてますね。




花嫁の母として
やっぱり留め袖?
ん十年前の花嫁支度で持たせて貰った留め袖の出番か〜〜?
出してみましたら、やっぱり若過ぎですネ!



やむなく母も貸衣装を借りることにしました(汗)



ついでに長女の訪問着も・・・




今時の結婚式事情に驚くばかりでした。
北海道にお住みの皆さんには
なじみの会費制の結婚式ですが
出席して下さる皆さんから頂く会費ではまかなえないものが多いのも
初めて知りました。

40年ほども前の自分の時の事を思い起こせば
友人や職場の方が発起人になって式場の折衝や設定
打ち合わせなどもほとんど滞りなくやって頂け
会費の中からささやかでも引き出物までまかなって貰えて
本人達にも親たちにも気持的にも金銭的にも
有り難い制度だったと記憶しています。

会費制としての形だけは残っていますが
会費の中でまかなって貰えるのは半分程度?
花嫁衣装、引き出物などなど両家の負担という費用は別料金で
あれやこれやと計算すると
それなりに用意しなければならないようです。

最近は結婚式をあげないカップルが多いそうですが
形式としか言えないようなことでも
結婚は本人達だけの事ではなく
親の戸籍から独立するけじめであり
時代が変わっても家同士の結びつきや
親戚としてのお披露目や挨拶の意味合いもあると思います。
お互いの家族や身内を尊重する姿勢は
人間社会で生きる上で
失ってはいけないものに思えます。
と、まぁ」今時こんな事を言うのは時代錯誤かもしれませんねぇ。

何はともあれ新生活のスタートを前に
幸せそうな二人に
春が来たようです。
K君のお母さんから届いた絵はがき、かわいいでしょ!
これは切り絵ですが
普段はとっても素敵な絵手紙を下さるんですよ。



入籍を両方の親の立ち会いで早めたいとの
K君のお母さんのご意向で
22日に写真館で入籍記念の家族写真を撮り
地元の釜飯やさんでお祝いの会食をしました。

前日からの猛吹雪もきれいにあがり
朝から抜けるような青空が広がりました。
くーちゃん、つかの間の放鳥タイム。
この後、魔の留守番が待ち構えてることも知らず
良い天気で気持ちよさそうですネ。

欠航が案じられた飛行機も定刻通りに運航されて
良かった良かった!



祝い膳です。




尾頭付きの鯛にも
気遣いが現われていて感動しました。



22日は大安な上にいいふうふの日だったそうです。
K君のご両親は朝一番の飛行機でおいで下さり
夕方の便でとんぼ返りして行かれました。

普段、着物を着る機会の無い娘ですが
やはり日本人なんですね、良く似合っていました♪
土曜日の夕方と言うことで市役所の閉っている時間ですが
当番の方に婚姻届を受理して貰えて
娘も今日からK家の人となりました。
幸せになってね・・・

 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

1月いぬる

年があけて早やひと月。
ほんとに何て早いんでしょう!
このひと月の出来事と言えば・・・年明け早々に
瞳みのるファンクラブに入会〜!
え〜と
PFC(ピー・ファンクラブ)
「倶楽部二十二世紀」 

会員番号12050○○です♪



うれしいですね。
高校生の頃、憂いを含んだジュリーにも
心ときめかせたけれど
いつも笑顔だったピーが一番好きでした〜!



ついでと言うことで
もいっちょ!
こちら、舟木一夫、西郷輝彦、三田明 の元祖アイドル3人の
コンサートチケットです。



コープの宅配で先行予約に申し込みました。
旧友のMちゃん、Rちゃんを誘っての古ギャル3人で(古っ!)
長い間、見失ってた青春を探しに参りませう(笑)

チケットの一般販売開始は2月1日からだそうです。
半月以上早い申し込みだけに
なんと、前から七列目のど真ん中が当りましたよ。



1月14日の朝、
朝ドラを見終わってから、コーヒーを飲みながら
なにげに見ていたテレビの画面に・・・
懐かしい名前が!

中頓別町
枝幸町歌登





神妙な顔の小倉キャスターですが
両町の冬の厳しさは住んでみないとわからないよね。
やらせの定番の濡らしたシャツを振り回してカチカチにしたり
ガンガラガンに凍った肉まんを囓ってみようとしたり
わずか半日や一日の取材で大急ぎとはいえ
ごくろうさまです。
そういうの、もういい加減やめてよね。




そういう私も20年ほどしか住んでいなかったから
地元育ちの皆さんから見たら半旅人だったのかも・・・
数日後、幌加内で−33度、枝幸町歌登ー32、8度
あっさりとこの冬の最低気温を更新〜!

わずかの差で幌加内に負けたさ〜
と、電話の向こうの地元の友人は少しガッカリ(笑)
いえ、本当に残念そうな口ぶりでした。
厳しい寒さでも逞しく強く生きている皆さん
やっぱり、最高です。

 

【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 22:18 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

庭のお客さん

雪が降って野原も畑も山も一面の雪景色になると
野鳥たちのひもじさとの戦いが始まります。
鳥インフルエンザの発生がニュースになりだした数年前から
野鳥への餌づけが問題視される記事を目にすることもあります。
庭に餌台を設置することにも賛否両論があるのを承知のうえで
私は餌やりを続けています。
我家の餌台に来るのは大多数が夏の間、我家の畑や庭で
チュンチュン鳴きながら害虫を採ってくれ
インコ用に蒔いたひえやエン麦(オーツ麦)などのおこぼれを少々貰っている雀たち。
農薬を使わない分、青虫や尺取り虫などの駆除は
雀のお手伝いに頼っているとこも(笑)
雀の恩返し〜じゃなくて
雀に恩返し〜ですすずめ
餌台の下でこぼれた撒き餌を探す雀ちゃん。

新雪に足が埋まってしまってますよ、冷やっこいしょ!



暮れぐらいから
朝、インコズの昼間の遊び場になっているサンルームのカーテンを開けると
雀さんたちの食卓にアカゲラが姿を見せるようになりました。
以前は市道に面した玄関前の植え込みマスに植えられていたナナカマドの
幹の朽ちた部分をつつきに来てましたが
枯れが進んだので切られてしまい
一年ほど前から姿を見せなくなっていました。
久しぶりに姿を見せてくれて嬉しいですね。
好物の脂身をまた貰ってくるからね。
後ろ姿・・・かぁ。



はい、ちゃんとポーズ♪




雀たちも下でスタンバイ。
足は冷たくないの?かわいいねー。
ひい、ふう、みい、よ、画面の中に
5羽いるのが解りますか〜?




オシリ撮りましたね!
よく判らないでしょうけど・・・
私はシジュウカラなんですけど(汗)




こちらは正真正銘のすずめですよ。




室内では外の様子にほとんど興味の無さそうな2羽が
ぬくぬく、まったりしています。
くーちゃん、毛繕い中です。




いつもくーちゃんの追っかけをしている姫ぃちゃんです。



アスレチックジムみたいで楽しいね。
お母さんが採ってきてくれた白樺の枝で楽しくおしゃべり。




でも、たまには鳥の本能に火がつくみたいです。
いいなぁ、みんな楽しそうだね、ボクも外に行ってみたいなぁ
・・・って思ってるような後ろ姿ですねー。
空は飛べなくても幸せだなぁ〜って感じてくれるよう
もっともっと考えてあげるからね。



 


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | | 09:41 | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |

明けましておめでとう

みなさま、明けましておめでとうございます。
どんなお正月をお過ごしですか。
余りご馳走もないお正月です、おせちもうま煮と大根なます、数の子
板かまぼこなどくらいで
後は普段通りの食卓でした。
あ、お雑煮はありましたよ、暮れの28日にちゃんとお餅もつきました。
玄関にはしめかざりも〜



暮れから大阪のイベントに参加して大晦日は留守だった次女も
元旦の午後に帰省。
迎え方々長女と3人で初詣に千歳神社に向かいました。
始めて訪れた千歳神社は由緒正しい雰囲気の神社でした。
元旦の夕方だというのに、まだかなりの人出でした。
本殿に向かう行列は8列に並んで進みます。
本殿の下に横長の大きな賽銭箱が置かれ、その前で横一列に並んでお参りします。
ふつう見かけるガラガラ(鰐口、金鼓)は有りません。
早く沢山の方がお参り出来るように外してあったようです。
今まで初詣の度にお賽銭を入れ、ガラガラを鳴らし
2礼2拍1礼をしてきたので、何となく忘れ物をしたようで物足りないですね。。。。

おみくじは娘達は吉。
私は末吉でした。
大きな事は望まないけど、みんなが平穏に過ごせたらいいね!





帰りの道ばたでこんな石像を見つけました。
ほほえましいですね。




今年も一つでも二つでも嬉しい事、楽しい事、ワクワクする事を
探したいと思います。
くーちゃん、姫ぃちゃんともどもどうぞ宜しく・・・ねっ


 


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2013年を振り返って

 更新をサボりにサボった一年もとうとう暮れていきます。
ご訪問頂いたのに、更新が無くてご心配おかけしました。
悩んだことも、嬉しい事も、書き出してみるとたくさん有った一年でした。
一年間、おつきあい頂き有り難うございました。
この一年を振り返って今年最後のご挨拶とします。

1月
静かなお正月でした。
私たち家族も、くーと姫ぃも元気でした。
今年も宜しくでちゅん。   




2月
姫ぃがミネラルサンドの食べ過ぎでグリット・インパクションを起し
緊急入院しました。
いつも元気な姫ぃちゃんが目をつむって急に動かなくなり
大慌てで小鳥のクリニックへ駆けつけました。
幸い、院長先生の的確な診断と適切な処置のお蔭で
数日の入院で回復しましたが、私たちが留守中だったり
クリニックがお休みの日だったらと思うと・・・!
飼い鳥のカルシュウムやミネラル摂取に〜と小鳥用の餌売り場で
普通に売られているミネラルサンドですが、カトルボーン(イカの甲)や
ボレー粉(カキ殻)と違い、胃の中で溶けずに滞留して腸重積などの
原因になる事も多いそうです。
嗜好性が強いので喜んで食べる鳥さんが多いですが
飼い主の皆さん、くれぐれもご注意くださいね。
    
   


4月
こちらに来てから白内障と緑内障の治療を受けてましたが
左目の白内障がかなり進行したため手術を受けました。
かかりつけのクリニックでは入院設備が無く、術後のケアに通うのが
難しかったので、入院設備のある総合病院を紹介して貰い
6日間の入院になりました。
術後はゴロゴロ感、涙、逆さまつげ?などの違和感に苦しみましたが
8ヶ月経った現在、ようやく違和感が薄れてきたようです。
視力はメガネ着用で0、9程度です。
想像したほどの結果ではありませんが、この目で慣れていくしか無いと
少しずつ受け入れられるようになりました。
入院に際してはご心配やらお見舞いの言葉やらありがとうございました。
あらためてお礼申しあげます。
お友達に戴いたお守りやいのりんこストラップ
めめのドリームキャッチャーと一緒に入院しましたよ〜。
    



5月
級友だった美ぃちゃんが3年前に送ってくれた毛桃から
芽が伸びてました!
鉢植えにしたものは一年経っても発芽しませんでした(涙)
念のため、生け垣の側に埋めておいた種か
ひぃ、ふう、みぃ、3本が育ってました。
稲刈りの頃に熟して、ポトンポトンと納屋のトタン屋根に落ちる音。
梅の実くらいの大きさなのに、ちゃんと桃の味と香りがしたのが
忘れられません。
小学生だった私の郷愁の味です。
桃栗3年・・・って言いますから
何年後かには花も実も見られるとうれしいですね〜。




6月(1)
2007年1月に始めた四国88カ所のお遍路の旅を
無事に終える事が出来ました。
すべての札所を巡拝することを結願(けちがん)と言うそうです。
姉と娘との3人の旅は発見と感動の連続でした。
大勢の方にお世話になり、たくさんの思い出が残りました。
特にはとこのKちゃんご夫妻には本当にお世話になりました。
今回も多忙な中をご主人の運転で高野山まで案内していただきました。
私たちだけでは88カ所のお寺の巡拝を終えるだけで精一杯で
お大師さまが入定された奥之院の廟や高野山の総本山の
金剛峯寺までお参り出来るとは思いもよりませんでした。
感謝しても感謝しきれないほどのお接待に
胸がいっぱいです。


      
        


6月(2)
テレビドラマの「風のガーデン」で知ったナツユキカズラに憧れ
引っ越しが決まったとき、小さな苗を植えて3年。
春になっても芽吹いてきませんでした。
想像以上に生育旺盛で歩道側にツルが伸び、通行人に覆い被さる勢いで
夏中、何度となくツルを切っていました。
正直、先が心配になっていた私の気持を察したような気がします。
     
     植えて一年目の2011年のナツユキカズラです。



    去年の2012年のハツユキカズラ、真っ白で目をひいてました。

              
今年の枯れた姿は写真に取り損ねましたが、
インコズの遊ぶ姿の後ろに映り込んでいましたので・・・




6月(3)
枯れたナツユキカズラの跡に裏の通路側の白露柳(五色柳)を
移すことにしました。
すでに新芽が発色しかけているこの時期に可哀想ですが・・・



移植直後の白露柳(五色柳)です。
心配したとおり、新芽は茶色に枯れ痛々しい様子です。



9月の白露柳です。
移植から3ヶ月たち、新芽が芽吹いてきました。
がんばったね!




7月
お遍路を始めたばかりの2007年のお正月に高知の竜串海岸の売店で
お店のお母さんから戴いたハマユウの実から育った一本が
ついに花を見せてくれました!
春から晩秋までは外でたっぷり日光に当て
初雪の前には室内に取り込み、ヒガンバナ科(毒)なので
インコズに囓られないように避難させること6年半。
シベがくるんと丸まって、なんともかわいいですね。
あの時の珊瑚のストラップなどはとうに壊れてしまったけれど
ハマユウは北国で元気ですよ〜。




8月
お盆の近づいた七日お盆の日。
不思議な不思議な出来事がありました。
めめが行方不明になって2年、何百回も掃除をしてきたのに
いつも私の座る座椅子の上に、忘れもしないめめの羽が
一枚落ちてました。
シナモンパールのきれいな模様がくっきりで
今さっき、抜けたように・・・
誰かがつまんで置いたように・・・。
帰ってきたの?
迎えに来てくれたの?
お母さんに何か伝えたかったの?
忘れてないからね、もう少しだけまっててね・・・。
      


8月(2)
今年もお盆に帰省した息子と娘二人とで札幌のゲーセンまで遠出。
恒例になったプリクラとクレーンゲームを少々楽しんできました。
お父ちゃんも誘ったけど、今年も留守番・・・でした(涙)
来年こそ、元気になって一緒にいこうね。                 
   

 

9月
長姉、次姉と3人で函館に行って来ました。
去年の兄姉での東北旅行に続いて、皆が元気で集まれるうちにと
同窓会に出席で東京から来る次姉の日程に合わせ
今年は近間の温泉でゆっくり〜との長姉の提案で計画を練りましたが
それぞれの日程が合わず、次姉は往復の格安チケットの関係で
一人でも函館で2泊するというので、長姉と末っ子の私が
つきあうことになりました。
3人きりの少し淋しい旅行になりました。
1泊目は函館市郊外ののゆくホテルでしたが、次姉の体調が最悪で
食べれず飲めず、トイレに籠もっている背中を撫でたりさすったり。
あずましくなく(くつろげなく)過ごし
2泊目の湯ノ川温泉のホテルは長姉の友人のオススメでしたが
今時こんなお粗末なホテルがあるの?
って驚くほど!
名前を出すのは控えますが北海道の玄関口、それも名高い
湯ノ川温泉街のホテルで?
道外から来られる観光客の方がどう思われるかと
恥ずかしくなるような経験をしました。
観光タクシーの運転手さんが気立ても良く、知識も豊富で
精一杯もてなしてくれたのが救いでした〜。



10月(1)
ここのところのお父ちゃんは体調悪化の一途をたどっていて
心配していましたが
血液の酸素濃度が極端に低いことが判り
ついに24時間、酸素吸入器を装着することになりました。
自宅では空気中から酸素を取り出すこの機械で
外出時は携帯の酸素ボンベを使用します。
家の中ではトイレもお風呂場も洗面所へも行けるように
チューブを床に這わせてあります。
機械に慣れるために10日間ほどの入院をしました。
3級の身体障害者に認定され、それに伴い病院代が
1割負担になりました。
鼻にチューブを挿したまま人に会うのはまだ抵抗があるようで
来客時には管を外して応対しています。
徐々に慣れるよう頑張ろうね、お父ちゃん。
囓るの大好きなオカメのくーがチューブを囓らないか心配でしたが
今の所、全く気に留めた様子が無く
ホッ〜!



10月(2)
姫ぃちゃん、くーちゃんがいのりんこカレンダーに載りました。
眉毛も凛々しい姫ぃちゃんは吹き出しに
      マッチョに怖いものナシ!
目をつむったくーちゃんは
       ハロウィン歌います♪♪
かわいい〜!
親バカ全開ですネ。     





10月(3)
何年ぶりでしょう、山ブドウジャムをこさえました。
近くの公園から続く林の中で山ブドウがたわわに実っているのを
散歩中に発見しました
道路を挟んでパークゴルフ場が広がり、サッカー場や
市民貸し農園なども備えた大きな公園で、造園されたばかりとはいえ
こんな近くで?
さっそく、高枝切り鋏を使って収穫〜。


もいだ粒をきれいに洗ってから、ひたひたの水で柔らかくなるまで
煮てから目の細かいザルにあけ、お玉で潰しながら漉して
砂糖を30〜40%加えて煮詰めて完成です〜!
ヨーグルトにぴったりなんですよ〜♪




11月(1)
恒例の北海道日本ハムファイターズのファン感謝祭に行って来ました。
今年のチームは春先からの低迷が最後まで続き、投打がかみ合わず
あ〜でも無い、こ〜でも無いと、皆が評論家と監督になったように(笑)
こんな時ほど応援するのがファンだべさ〜と
大勢の皆さんが詰めかけて選手との触れあいや
ゲームを楽しんでいました。
私も復興支援の募金で佐藤選手と握手をしたり
球界一の可愛さと評判の谷口選手とキャッチボールや
握手をして貰いました。
見守るギャラリーのギャルの視線が痛かったですよ〜(笑)

ぽちゃぽちゃ顔の佐藤選手         一番人気の西川選手
  

谷口選手とキャッチボールの後、握手して貰いました。           
  


11月(2)
北海道では比較的雪が少ないこの地を
終いの住処と見込んで移住したはずなのに
ふた冬の雪の多さに音をあげた雪かきおばさんのわたし。
縁が切れたはずだった除雪機をまた買いました(涙)
今度の除雪機はホンダスノーラ7馬力のおちびちゃん。
トビマス3号と名づけましたョ。
雪の降りかけた頃には品薄で手に入らないことを知っていたので
夏過ぎから地元のS興産に早々と予約をしてました笑顔
納品された後でホンダスノーラの新機種が発売〜との新聞記事が!
なんてことでしょ。
は、早まったか!
ところが、本社で商談がまとまらなかった機械が出たので
交換も可能〜との社長さんからの電話。
モチロン、バクって(交換して)貰いましたよ!
ただ新機種は少しお高くて、差額分をお払いしましたけどね。
早速、試運転してみました。
両端の刃が反対に回転して雪を巻き込んでいくんですよ。
端っこの雪の崩れがありません、さすが新機種です。





収納場所の物置からの出し入れが危なそう〜と
好意で台も作ってくれました。


表はピカピカの木材、裏は鉄材で溶接されていて
堅牢な出来上がりにビックリでした。
ラッカーなどの材料費だけ気持で払わせて貰いました、S興産の社長さん
有り難うございました。






12月
高校生の時、熱狂したG・Sのザ・タイガースが44年ぶりに
オリジナルメンバー全員が集合し、全国8会場でコンサート。
チケット発売と同時にネットも電話も繋がらなくなり
即日、完売!
諦めてましたが、機が熟するのを待ってたらしく
1週間前になってネットオークションにかかりだしました。
旧友(級友)のMちゃんに打診すると
行きたい〜
行きたい〜
娘が一日がかりで入札に挑戦してくれましたが
速攻での釣り上げに加えて、終了時間も延長になり
お手上げ〜!
やむなく入札はやめにして、最初から高値で設定の即決のチケットを
何とかゲットして貰いました。
2枚で送料込み、50、500円也。
8000円のチケットが25、250円ですか〜、かなりボッテませんか!
もう、子ども達にクリスマスプレゼントやお年玉をあげなくても良いし(笑)
自分のためにプレゼントすることにしましたよ。
当日は仕事が休みだった娘がMちゃんの家にも寄って
連れて行ってくれました。
熱気と興奮で総立ちの会場、すっかり白い頭になったトッポや
白いスーツに白いひげを伸ばしてカーネルサンダーのようなジュリーに
時の流れを感じながらも(笑)
いつか気分は女学生〜♪
行って良かった!!


コンサート終了後、娘の提案で小樽運河のクリスマスイベントに
連れて行って貰いました。
運河に浮かんだ発光ダイオードのボールの幻想的な光が
とってもきれいでした。
Mちゃんはご主人に先立たれ、娘さんも少し離れた町に嫁いでいて
札幌で一人暮らしをしています。
>楽しませて貰ったのでまたしばらく頑張れそう!
と、笑顔を見せてくれました。
みんなそれぞれツライ事や現実はあるけれど
一つでも二つでも自分のために楽しみを見つけて
来年も頑張ろうね〜と約束しました。


一年を振り返ると良い事も悪い事も
みんな笑顔で振り返られる気がします。
少なくともそんな気持だけは持ち続けたいと願う自分がいます。
一年間、お疲れ様でした。
なかよくして頂いた皆様、また来年、笑顔で会いましょう


 


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 08:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2/17PAGES | << >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS