<< 14年を振り返って  | top | 2月です >>

今年もどうぞよろしく〜

 さて、いまさらですが
 今年最初の記事ということなので
 新年のご挨拶をさせてくださいね。

  明けましておめでとうございます。
  皆様、良い新年をお迎えでしょうか。
  今年も宜しくお願いします。

 元旦の朝、恒例の初詣に地元の豊○神社にお参りしました。
 今年は長女と二人きり。
 家族みんなの健康と平穏を願って・・・消費税が上がった分
 少しだけお賽銭も奮発しましたよ。
 お賽銭は今年のお願いにじゃなく
 去年のお礼なんだとか、この歳まで知りませんでした(汗)
 

 おみくじは長女は大吉、私は吉でした。
 やっぱりね、想定の範囲(笑)
 >時期を考えてはやくあらため進むがよい
 >人と互いに力あわせてすれば良きみちあり
 >けれど悪いみちと知りつつ進めばわるし注意せよ
 なるぼどね、うんうん。
 
 >願望(ねがいごと)早くすれば他人(ひと)の
  助けありて調(ととの)う
 >待人 来ず 音信あり
 >失物 出にくい
 >商売(あきない)利益あれど少なし
 >病気(やまい)心を強く持てばなおる
 >縁談 叶う 返事をながびかせると悪い

 うふふ・・・そうだね、いちいち最もです♪


 さて、有難いことにお正月過ぎまで
 ほとんど雪も積もらず
 除雪の苦労をせずに過ごさせて貰いました。

 まるで私の手と娘の肩が使い物にならないと
 雪の神様が配慮してくれたかのように
 6日の朝までこんな感じでした。
 ありがとうございました。
 左のインコ部屋に
 お父ちゃん専用のディレクターチェアが見えます。
 薄ピンクのカバーは自然発熱の素材とかで
  中にアルミ素材のシートが入ってるらしいです。
 座った人の体温を感じて
 発熱?蓄熱?とかするうたい文句で
 痩せすぎで寒がりやのお父ちゃんに〜と購入してみました。
 効果は・・・うーん?
 

 
 駐車場の私のラクティスや畑もさらっと白いだけでした。
 


 でもね、やっぱり冬ですねぇ。
 降りました。
 積もりましたよ。  
 たった数日でこんなになってしまいました。
 

 

 良い運動と思えばいいんですけどね・・・人間が出来ていないので
 正直、まだそこまで達観できません。
 でも頑張るしかない、やってやろうじゃない!
 除雪機のトビマス3号君(笑)も
 とっても良い子で頑張ってくれてます。
 無口で(エンジン音が静かで)力持ちの相棒です。
 


 除雪が終わってエンジンが冷えてから
 赤いカバーをかけて今日のお勤めは終了〜。
 


 ご近所の皆さんも70代、80代で
 雪かき頑張っておいでなんだもんね。
 60代なんて女学生みたいなものよ。
 って、なんぼなんでも言いすぎだべか〜(笑)


 つい先日までインコさん御用達のイナキビやひえが実っていた畑も
 すっかり雪の下です。
 

 物置の軒に吊るして干してあるひまわりは
 最近、スズメたちに見つかったようです。
 

 
 少しずつ剥げていってます、いくらコッソリ食べたつもりでも
 下に殻が落ちてるからバレバレよ。 
  
  
 まぁ、どっちみち野鳥さんのために育てたものだから
 なんぼでも食べていいのよ〜。
 

    
 吹雪です。
 最近、こんな状態のことをホワイトアウトなんて言うようです。
 さすがにシジュウカラもスズメも現れません。
 早く止んでくださいな〜。
 

 外の吹雪なんて関係ないうちの2羽は
 お正月はやっぱりみかんだべさ
 

 姫ぃちゃんは酸っぱいものが苦手です。
 くーちゃんが平気な顔で食べてる酸っぱいみかんを一口食べて
 大慌て!
 遠くに避難して何度もケージにくちばしをこすりつけ
 酸っぱいよ〜〜と訴えます。
 このミカンはとっても甘いのでうまうまです♪
 

 外の餌台では赤ゲラがピーナッツを食べています。
 去年までは脂身オンリーだったのに
 この冬は 1ピーナッツ 2ひまわり 3脂身
 と、好みが変わったようです。
 

 一粒咥えては石楠花の幹の溝に動かないように押し込んで
 おもむろに食べています。
 なかなかのお利口さんなんですよ。
  
 
 吹雪が止んで青空が広がった朝
 裏のご主人が木工場だった建物に登っています。
 屋根の雪下ろしをするようですね。
 



 木工場の屋根の雪をおろして住宅の屋根に乗り移り
 見る見るきれいにしていきます。
 

 
 ここに引っ越すまで私もやってたなぁ。
 オホーツク内陸部の積雪ははんぱじゃ無かったから
 二階の窓から何とか屋根に出て・・・
 ほら、こんなだったのよ。
 


 子供の頃から高所恐怖症でちょっと高いだけで
 太ももが震えた意気地なしの私が
 ひと冬に何十回も母屋、物置、車庫と
 雪下ろしを頑張りました。
 国道から見た在りし日の我が家です、一階部分は見えませんね。
 

 おっかなびっくり、腰が引けてたけどね。 
 懐かしくは無いけれど忘れることは無い
 経験でした。

 今の家は無落雪仕様で雪の量もはるかに少ないので
 屋根の雪下ろしの心配が無いのが
 何よりの幸せです。

 裏のご主人の雪下ろしの姿から
 しばし、思い出に浸った朝でした。

 

 
 


 



【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | 日常 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS