<< 秋風吹いて | top | 誕生日だったよ・・・ >>

危機一髪

それは10月3日(月)の出来事でした。
まさに青天の霹靂。

>お母ぁさ〜ん、めめが変だよ!
インコズの面倒をみていたワカチが大声で呼びます。
お昼ご飯の支度を中断して行ってみると、
オカメインコのめめがしきりと首を振って、空吐きのしぐさ。
今まで見た事のないえづきかたです。
ただならぬ様子です!

すぐに小鳥のクリニックに電話で受診のお願いをし
お父ちゃんは車のエンジンをかけに出て行きました。

落ち着かなくちゃ。。。え〜と? え〜と?
そう!まず、保温だった!
ユタポン暖ためないとね!
お父ちゃんも車のヒーターを最大にして
スタンバイしてくれてました。

>めめちゃん、苦しいね。
>病院へ行こうね!
>大丈夫だからね!

40分ほどでクリニックに到着した時にはかなり呼吸が荒く
すぐに看護師さんが保温ケースに入れ
鳥用の小さな酸素マスクをつけてくれました。
めめの主治医のY先生はお休みの日でしたが
酸素吸入やネブライザー(吸入)
解毒のために活性炭の粉をそのうに注入など
院長先生が矢継ぎ早に質問しながら
てきぱきと、かつ優しく対応してくれましたが
院長先生の口ぶりからもただならぬ様子が伝わってきます。
原因は?
何か、良くないものを口にしたか、吸い込んだかのかも知れません。
普段、あまり使わない頭の中をフル稼働させてみますが
思い当たることが浮かびません。

>アイロン使ってませんでしたか?
>エアゾール系のスプレーは?
>殺虫剤は?
>漂白剤は?
>テフロンのフライパンの空だきは?
>鉛などの重金属を飲み込んだことも考えられますが・・・

レントゲンでは重金属の滞留は見受けられませんでした。
強いて言えばフライパンにサラダ油を入れ
野菜炒めをしていた事くらい。
だけど換気扇を強にしていたしね・・・部屋も別だったし。
でも、原因はきっとあるはず。
ごめんね、めめちゃん。

3時間ほどして状態が少し落ち着き
総合ビタミン剤、粘膜保護剤、解毒強肝剤、神経改善薬、抗菌剤、吐き気止め
を調合してもらい
帰宅できましたが
小鳥の呼吸器系の疾患は命取りだそうです。
念のため1週間、ネブライザー(吸入)を受けに通院することになりました。

翌日、めめを連れてクリニックの玄関を開けると
主治医のY先生が心配そうに待合室で待っていてくれました。
帰宅後、一度だけ黒いものを吐いたことをお話しすると
活性炭が悪いものを吸着させて吐き出させる作用が有り
昨日の治療中も一度吐いたのだそうです。

お父ちゃんの運転で病院へ向かう車中です。
呼吸を荒くしてはいけないので
キャリーから出し、お母さんのひざのうえでドライブ気分。
両親を独り占め〜といわんばかりに
嬉し気なめめちゃんですが・・・
あのねぇ。。。



このまま順調に回復していくかに見えたのに
4日目の木曜日の朝、目をつぶって身動きしません。
餌も食べません。



折しもクリニックは休診日。
心配で心配で、一日中、ユタポンに乗せためめを抱っこしてました。
体重を計ってみると、なんと71gに激減!!
オカメインコは70gを切ると危ないそうですね。
夕方、もしかしたら薬の副作用なんでは??と思いつき
薬を溶かした水を止め
真水を口のそばに持って行くと
それまで目をつむってじっと身じろぎもしなかったのに
ごくごくごく〜とすごい勢いで水を飲みました!
試しにシードをあげると、ぽつぽつ拾い食いをするじゃありませんか(涙)



翌朝、Y先生にお話しすると、
>薬の副作用というより
>オカメはとっても利口なので
>薬臭い水を断固拒否して、脱水症状を起こしたんですね!
>丸くて水分の全く無いきれいなウンチじゃ有りませんでした?

た、たしかに!
下に敷いたキッチンペーパーににじんだ様子も無かったわー。
脱水症状になって死んじゃうトコだったっしょ!
そういうの、利口と言わず、バカっていうんだよっ!
急遽、飲み水に混ぜるのじゃなく
直接投与の液体の薬に変更、一日2滴
鳴こうがわめこうが
強制だよっ!

あれから1週間、甘えっ子に拍車がかかりましたが
おかげですっかり元気になりました。
体重も85gまで復活。
ちょっとふっくらしてきたでしょ。


ケージから出すと
お母さんの膝から離れません。



病気中、一口でもふた口でもと膝の上で食べさせて貰ったのが
病みつきになったらしい。
ほら、ごちそう満載のケースでしょ。


この10日間、めめで始まり、めめで終わりました。
ああ、お疲れ様でした


【↓宜しかったらポチッと押してね♪】
人気ブログランキング





【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | オカメインコのめめ | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
ちるさんへ
 ご訪問頂きありがとうございます。
ほんとうに一時はどうなることかと心配しました。
近くに信頼出来る病院があるのが有り難いです。
オカメは優しいです、木のおもちゃなどは簡単に囓ってぼろぼろにするのに
甘咬みしかしません。
大きなオウムに憧れてますが
年齢制限が有るので諦めました(涙)
飼い主の責任を果たすには年がぜんぜん足りません(笑)
ライちゃん、ぷうちゃんも元気になって良かったですね。
姫ぃちゃんと仲良くしてやってください♪


posted by ノッコ ,2011/10/24 11:12 PM

ブログ拝見させていただきました!

めめちゃん元気になってよかったですね★安心しました!!小鳥のクリニック様様ですね〜〜。そして、家族の愛が一番のお薬ですよね♪

姫ぃちゃんもめめちゃんもかわいいですね〜〜(*^_^*)
オカメちゃんに憧れているんですよ。いつか一緒に暮らしてみたいな〜〜。

posted by ちる ,2011/10/23 10:31 PM










Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS