お遍路の旅 21番札所  大龍寺

 21番札所 舎心山 常住院 大龍寺  

標高602mの太龍寺山の山頂近くにある大龍寺は
御廟や拝殿などの配置が高野山と同じことから
「西の高野山」と言われているそうです。

大龍寺にロープウエーが開通したのは平成4年。
それまでは中腹の駐車場からでさえ、坂道を登るのに30分も要していた88カ所屈指の難所だったようです。
歩き遍路の方のご苦労がしのばれます。
杉の巨木に囲まれた境内はしっとりと落ち着いた雰囲気が漂い
印象に残るお寺でした。
全長2,775メートルで西日本最長の101人乗りケーブルカーは、
景色を楽しんでいる間にあっという間に山頂駅に到着。
所要時間は約10分〜、ありがたいですね・・・
有り難いこと続きに姉と娘と私の乗車料金は案内してくれたこまめちゃんご夫妻が
お接待で〜と支払ってくれました。
何からなにまで・・・有りがたさを通り越して申し分けなさで胸がいっぱいです。








舎心嶽
お大師さまが19才の時に100日間の修行をされたという南舎心嶽。
右端の真ん中辺りに・・・ロープウェイ開通の記念に建てられた大師像が。
見えますか〜?



ロープウェーでは北海道のお寺の檀家さんたちの団体とご一緒しました。



ロープウェイから眼下に見える蛇行する那賀川。
水の色が息をのむほどキレイでした。
翡翠色?エメラルドグリーンって言うんでしょうか?




山犬ヶ嶽の狼
かってはニホンオオカミの生息地だったそうです。
オオカミ(石像)がロープウエイのほうを見て吠えて居るように見えます。



ロープウェイの山頂駅を出ると山門を通らず
本堂と大師堂へ向かう道が続きます。
この石段を登ると本堂と大師堂があるそうですが・・・
実は本堂は礼拝出来ませんでした。
(詳細は下に)




大師が崖をよじ登って修行されたという舎心嶽が眺められるスポット。


守護の大杉。
境内の巨杉の中でも最も巨大で樹齢600年、樹高48m、幹の太さは6mと書かれています。



太い杉の木に取り付けられた木の枠から
はるか遠くの山の20番札所 鶴林寺が小さく見えました。 



大師堂です。



福(幸福)徳(人徳、財力)知恵(学力向上)
を大空のごとく無限に授ける仏様で、丑歳、寅歳生れの守り本尊と
案内書にあったのですが
台風で本堂の屋根が壊れ、改修中でした。
仮本堂でお参りしました。
本堂の修復が終わるのは2012年12月だそうです、ざんねんです・・・







龍天井
納経所の手前の本坊(持仏堂)の正面廊下の天井に「龍」が描かれています。
案内書によりますと高知出身の四条派の画家竹村松嶺作と言われ
龍の眼がどの方向から見てもこちらを見ているように見えるとあります。
みんなで見上げました。
た、確かに!









 【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

20番札所鶴林寺〜19番札所立江寺〜18番札所恩山寺


20番札所 霊鷲山宝珠院 鶴林寺

 大龍寺まで同行してお接待して頂いたコマメちゃんご夫妻とは
ロープウエイ乗り場の駐車場でお別れしました。
ちょうどお昼になったので駐車場のすみっこの日陰を見つけて
コマメちゃんが用意して下さったお弁当を戴きました。
お腹が満腹になって何とも幸せな気分
さ〜て、次の20番札所、鶴林寺を目ざして
出発しましょう!

ここでまたまたカーナビに意地悪されて?
とんでもない山道をくねくねくねくね、行ったり来たり。
車一台がやっとの幅の砂利道で
もし、向こうから車が来たらどうするべ〜?
工事中?
行き止まり?
まさかこの先、道が無くなって今来た道を戻らなきゃ〜
なんてならないよね?
女3人でハラハラドキドキ。
結局、対向車の一台も来ないまま、1時間半ほどもかかったけど
何とか鶴林寺へ辿り着きました

鶴林寺、本堂。
人影もなく・・・不安になるほど
静かな佇まいです。



本堂脇に青銅の鶴が鳴き交わすように
向かい合って立っています。
先代の鶴は第2次世界大戦の時に供出されたそうです。
武器にされるなんて鶴さんも不本意だったでしょうね。



本堂脇の石段を上ると美しい三重の塔が立っています。
1827(文政10)に建立された総素木造りの塔は徳島県唯一の三重の塔で
重要文化財にしていされているそうです。
(塔の手前に地蔵菩薩像)









19番札所 橋池山摩尼院 立江寺
ここ立江寺は四国お遍路で88か所に4つだけある関所寺の一つで
悪い事をしたり、邪悪な心をもっている人は山門から先に進めないそうです。
私は・・・?
姉や娘の御利益で
何とか無事に山門をくぐる事ができました(汗)

風格の有る本堂です、石段を上がったところで
灯明や線香をあげます。
後ろ姿は姉です。



ご本尊の延命地蔵は、短命の人には自分の寿命をあげるといわれているそうです。
自分の寿命はいったいどのくらいあるのでしょうね。
それが判るのはこの世に別れを告げるとき?
いや、それも気づかないまま寿命の火は消える事が多いに違い有りません。
ちょっと考えてしまいました。


多宝塔の前に御大師像が建っていますが
暗すぎで・・・見えにくいですね・・・




こちらはまた明るすぎで・・・
ボケていますが大師堂だと思います。



大師堂の右横の小さな祠が肉付き黒髪堂です。
不義をしたお京という女がこの寺に詣り懺悔すると
髪の毛が鐘の緒に巻き取られ頭皮ごと抜けたそうです。
その髪の毛と頭皮が祀られている〜とありました。
・・・こわいですね、写真は撮りませんでした

さて、気を取り直してと・・・こちらは納経所です。
今回の旅で初めて納経所の写真を撮りました。






18番札所 母養山 宝樹院 恩山寺

山の上の静かなお寺でした。
華美な彩りが一切無く、とても優しい気持ちにさせて頂けました。


行基が開基した「大日山福生院密厳寺」で100年ほど後
修行を積む弘法大師の元に母の玉依御前が訪ねて来られたが
寺は女人禁制で、玉依御前は寺に入ることができなかった。
そこで大師は17日間滝に打たれるという厳しい修行を積み
女人禁制を解き、母を迎えて孝養を尽くされた。
玉依御前はこの寺で出家し その髪を奉納されたので
それに因んで大師が寺名を改められた〜とお寺の由来の受売りです(謝)



りっぱな大師像です。
下の人物と対比すればその大きさがわかりますね。








【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お遍路の旅 23番薬王寺〜22番平等寺


23番札所 医王山無量寿院 薬王寺

 コマメちゃんご一家の畑で収穫を楽しませて貰った後
コマメちゃんご夫婦の案内で巡拝に出発しました。
コマメパパさんはお遍路の先達さんです、心強いですね。
まず、コマメちゃんのお宅からすぐ近くの23番札所、薬王寺に向かいました。

何度も車の中から眼にしていた瑜祇塔(ゆぎとう)に近づいていきます。
美しい色彩が一瞬、お遍路のお寺?と勘違いしそうなほどです。
厄除けのお寺として全国的に有名で年間100万人を越す参拝者がお参りするそうです。




最初の石段は、「女厄坂」といわれる33段の石段。
そして、急勾配の石段「男厄坂」が42段で続きます。

本堂です。


本堂から「瑜祇塔」までは男女の「還暦厄坂」と呼ばれる61段の石段が有ります。




瑜祇塔(ゆぎとう)の地下には昔の巻物や、地獄絵図等が有り
かなりコワイ。
その後、階段を上っていくと真っ暗闇の迷路のような廊下が続き
左手で壁を探りながら壁伝いに歩いて行くと
突然明るくなり観音様の像がぱっと現れます。
説明書では地獄の底をあらわしてるそうです。
ココに辿り着く前に、暗くてコワイと姉がすくんでしまい手を引いてあげました。

それでも展望台に出ると
景色がすばらしく、怖さも即、忘れました、ゲンキンですね。


コマメちゃんと姉と私。
コマメちゃんの美しいお顔をお見せ出来ないのが・・・ざんねん


瑜祇塔(ゆぎとう)の外でコマメパパさんと私たち


境内には吉川英治の代表作「鳴門秘帖」の石碑もありました。


厄災消除の鐘  
年の数だけならして下さいと書かれています。








22番札所 白水山医王院 平等寺

山門の両脇の赤い仁王像が目を引きます。



山門をくぐってから本堂へはこの急な石段を登ります。
本堂正面に向かって左が男厄除坂、
右に女厄坂が有り
それぞれの厄年の数の石段があります。

男厄除け坂の左下に大師が杖で掘られた「弘法の霊水」がわき出ています。
お寺の名前にあるように掘られた当時は白い水だったそうですが
現在は無色透明で万病に効くとされ
持ち帰り用に容器が用意されていました。


山門や 本堂など様々な建物に五色の幡が飾られています。
この五色は弘法大師が母の厄除祈願中、空中に5色の霊雲が立ち
黄金の梵字が現れ次に薬師如来が現れたといういわれから来ているそうです。


本堂に木造の大きな箱車(現代の車イスでしょうか)が奉納されていたのが印象的でした。
医者に見放された身体の不自由な人が巡礼をして
この寺で霊験を授かり足が治ったということです。
記念に奉納された箱車は3台有りました。
自分ひとりではままならない石段が多いことを思えば
付き添って巡礼をしたはずの親兄弟子孫の愛情の深さと苦労が伝わってきます。




大師堂です。





境内からの遠景。






【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

17番札所 井戸寺〜

 17番札所 瑠璃山真福院 井戸寺

今回のお遍路の旅の最後のお寺です。
井戸寺の山門は阿波10代藩主・蜂須賀重喜公が大谷別邸の茜門を寄進し
移築した門ということで
朱塗りの風格漂う門構えに圧倒されます。
立派ですね!



立派な山門をくぐると
すぐに本堂です。



井戸寺本堂はコンクリート製で昭和43年に建てられました。
以前のお寺は火災で焼失したそうです。



おもかげの井戸
大師が掘った伝説の井戸で、覗き込んで自分の姿が映れば無病息災。
映らなかったら3年以内に不幸に見舞われる〜と案内書に書かれています。

時は晩秋の夕暮れで堂内はすでに薄暗く・・・
おそるおそるのぞき込みました。

ゆらゆら揺れる水面に薄ぼんやりと
ぼんやりした丸顔が浮かんでいました(笑)
良かった、ホッ。



14:48分
納経所の締まる時間、ぎりぎりでした。
なんとか、セ〜フ。
駆け込むのは罰当たりな気がしますが・・・・



ツワブキの花がまだ咲いていました。
初めて目にしたときの黄色い花の強烈な印象は格別なものだありました。
大昔の事になりますが、私が小学生の頃
父は腎臓病が悪化して入院してましたが
退院した後に漢方薬でツワブキの煎じたものを勧められたとかで
ほうぼうの薬局で探し回ったことがありました。
あの頃、ネットなどもなく北海道では手に入らなかったものが
父の父(祖父)の故郷には普通に見られることが感慨深く思われたものです。



今回の巡拝は井戸寺でひとまずうちどめです。
夕ご飯はこのお店に入りました。
たらいうどんと大きく書かれた山のせというお店です〜





迷いに迷ってお寿司とうどんのセットにしました。
美味しかったですよ



明日は阿波踊り空港から朝一番の飛行機に乗ります。
今回も添乗員兼、運転手で頑張ってくれた娘は
明日の午後から仕事です。
姉と私も雪の前の秋始末の仕事が待っています。
さぁ、たくさんの有り難うを胸に
現実の世界に戻るとしましょう。
お世話になったコマメちゃんご一家の皆様にも心からの
有り難うを申し上げます


グランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング






【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お遍路の旅 お祖父ちゃんの故郷にて 


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お遍路の旅  第27番札所神峯寺 〜第25番札所津照寺 


 第27番札所 竹林山地蔵院 神峯寺

案内書によりますと、神峯寺は三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎の生家から20キロほどの坂道を登った上にあり
弥太郎の母親は急な山道を37日間、日参し
息子の立身出世を祈願したそうです。
いつの時代も立派な子には立派な母が・・・なんですねぇ。
また、昭和30年頃、脊椎カリエスで大学病院で見放された女性が
夫の介助で参拝し、霊験を得て
快癒したという実話も伝わっているそうです。

山門です。






150段の石段の横に手入れの行き届いた日本庭園が見られます。




石段の正面で
みちびき弘法像が出迎えてくれます。





歩を進めている大師像は珍しいです。



大師堂





納経所の写真は撮り忘れました。





維新の里 田野駅屋 
四国一小さな町という田野町の道の駅に寄りました。
軽食コーナーで天ぷら蕎麦(600円)を食べて腹ごしらえ
出汁がしっかりしていて美味しい。

 

維新の里のキャラクター、いしん君が立っています。
りりしくて可愛いね。






 第26番札所 竜頭山光明院 金剛頂寺 

厄坂です、一段ごとに一円玉を置きながら登るそうですが・・・




今回の旅の初めての鐘つき。



本堂



足を一歩踏み出す御大師像。
力強さが感じられます。




参道を行く姉と娘。
今回も叔母、母、子の女3人旅です。




一粒万倍の釜 
弘法大師が、米を一粒入れて炊いたところ、万倍の量に増えて
一万粒の粥になり、飢えた人びとの腹を満たした、という言い伝えがあるそうです。








 第25番札所 宝珠山 真言院  津照寺

山門をくぐると225段の石段の途中に立つ朱塗りの鐘楼門が見えて来ます。

 

ぼやけていますが、鐘楼門の所のふたりは
姉と娘です、残念(汗)



本堂



大師堂



御大師さまがこの地に来られた時に天狗が住み着いていて
その魔物達を問答で、遠い足摺岬に封じたという伝説から
足摺岬を見張るように、大師堂はご本尊さまにお尻を向けた配置になっているそうです。





高知の前々回、廻りそびれた三寺を無事終えて
一路、徳島に向かいます。
今夜は祖父のお里、こまめちゃん宅でご厄介になります。
4年ぶりの再会です、とってもたのしみです。


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

エライヤッチャ♪

19年の1月に愛媛の横峰寺(60番札所)の巡拝を最後に
お父ちゃんの病気やら
夫婦二人ともの無念の退職やら
終の棲家探しやら
引っ越しやら
・・・で、中断していたお遍路の旅をなんとか再開しました。
今回の巡拝は前々回、廻りきれなかった高知の室戸岬周辺の三寺を目指して
あとは・・・いくつかお参り出来ればそれで良し〜の
ゆる〜い気構えで出かけて行きました。
地元の名所などにも少々立ち寄って・・・現地の美味しいものでも
せっかくのお四国行きだものね。

後で〜とか
そのうちに〜とか
また今度〜とか
当たり前のように思って先延ばしにしてきたけれど
自分の思いに関係なく
突然、未来を断ち切られることもあるのを
自然の猛威に教えられたから・・・

10月29日 午後2時 徳島阿波おどり空港着。
あれ?なんか見覚えのないような?
なんと、半年前に新ターミナルビルに移転したばかりだそうです。
この人形は以前、記念写真を撮った空港前の阿波踊り人形と同じかなぁ?



レンタカーで高速道路を一路、
うだつの町並みの美馬市脇町めざします。
途中、上板SAでこんなの見つけました。
こういうの大好きです(笑)




うだつの町並みの案内板、ここに駐車して
しばしの散策を楽しみました。







映画のセットのようですね。



江戸時代に藍染めで財をなした豪商が防火壁として設置したものだそうです。
張り出した袖壁が防火の役目と家の格の象徴とされて
うだつが上がらぬ〜の語源になったと
パンフレットの受け売りです〜〈汗)

すばらしいですね、異次元の世界に迷い込んだような?




柿の実の鮮やかさと渋い佇まいの建物が妙にしっくりしてますねー。



藍商人の住居兼工場兼お店?
つい、きょろきょろしてしまいます。
道産子にとっては瓦だけでも珍しいんですから!
こら、このごに及んで他にもっと気の利いた形容はないのか



こちらは藍染めのお土産屋さん。




唐箕に入って展示されているのが
藍染めの原料のすくもだそうです。




私は記念にメガネケースを買いました。




脇町劇場オデオン座。
西洋モダン風の外観で、回り舞台、奈落などを備えた本格的な芝居小屋として
1934年(昭和9年)に建てられ、戦前には歌舞伎や浪曲の上演、
戦後は歌謡ショーの公演や映画上映など地域の憩いの場として親しまれたが、
やがて映画の斜陽化と建物の老朽化が重なり、閉館、取り壊される予定に・・・
しかし、山田洋次監督の松竹映画『虹をつかむ男』のロケ舞台となったことがきっかけで、
平成11年に町指定文化財として昭和初期の創建時の姿に修復され、一般公開されている〜
と、モチロン、パンフレットの受け売りです(



1時間ほど散策して柿の葉だんごとか
草餅とか食べたんだけど・・・
写真撮りわすれました(涙)

北海道だと鉢植えで大事に大事に、やっとこさっとこ花を咲かせるアストランチアの紫御殿が
道ばたで雑草並みにはびこって咲いていましたよ、かわいいね。



駅前で徳島ラーメンを堪能。
こってりした味わいで北海道では記憶にないお味でした。
こちらもお約束どおり写真は有りません(笑)

秋の日はあっという間に日暮れて
パンフレットにあった眉山展望台とかんぽの宿からの夜景を見るのには
おあつらえ向きの暗さになりました。
眉山展望台からの徳島市街の夜景も特記したいけど
これも手持ちのカメラではてんでダメでしたぁ〜。



ここでのハプニングはロープウエー乗り場という看板に誘導され
登っていくと・・・なんだか狭くなったねぇ。
と、突然、階段に乗り上げかけました!!
いくら小さなレンタカーと言っても身動きが取れません、外に出て誘導です。
バック、バック、バック、はい、切って切って!
ちょっと前、はい、またバック!
はい、切って切ってぇ。

そして、今日の最大のハイライトは阿波おどり会館です!
ホールにこんなお人形。
ほうじゃのぅ〜なんておしゃべりしてそうです。



今夜の出演は有名な無双連のみなさんでした。
力強くちょっとコミカルな男踊り。


優美で指先まで美しい女踊り。


可愛い女の子も登場の古代踊り。


エライヤッチャ♪
エライヤッチャ♪
チャンカチャンカ、チャンカチャンカ〜♪
この2拍子のお囃子を聞くと血が騒ぐような
やっぱり1/4阿波人の血が混じってるせいかもねっ。

ここで初めて知ったことですが
右、左、右、左・・・だと思っていた手足の動きは
右右、左左、右右、左左・・・だった!
まさに目から鱗。

この夜は航空チケットと提携の東急イン宿泊。

10月30日、さぁ高知に向かって出発!
 〜したとたん、日和佐の道の駅に寄り、里芋と干しエビを購入しました。



やつがしら? 赤芽イモ?よくわかりませんが(涙)
以前、こまめちゃん宅からこんなのを戴き、すっかり虜に・・・でも
まだひと寺も巡拝してないのに
もう、お土産かい!

第27番札所神峯寺に向かう旧国道だそうです・・・が
せ、狭い。
細くなったり、ちょっと太くなったり
また狭まったり・・・道幅が一定しない道路はすごくこわい。
左側には青緑色の深い川
右側は切り立った岩肌の崖です。
車の運転には慣れている娘もさすがにびびり気味。




さて、久々の巡拝、ちゃんと出来るかな。


【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  人気ブログランキング







【北海道のブログランキングに参加しています。
 宜しかったらポチッと押してね♪】

  

北海道 ブログランキングへ
nori2herb3 | お遍路の旅 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS